往診陣の極端的選択とインタビュー。..濃くなる疑心

0s4TmgB_o

往診陣(田駿株)の極端的選択と言論とインタビュー。ナンシー・ランと結婚発表からあらゆる詐欺疑いで口舌に上がった彼は今度にもやっぱり信頼を与えることができない姿だ。彼がものを言えばするほど疑心はもっと濃くなっている状況。真実はますますもっと遠くなっている。往診陣知人は初めてイーデイリーとインタビューで “往診陣と食事後一緒に自宅に行ったが (往診陣が) トイレに行くとした後に長い間出なくて門を開けてみたら意識を失ったまま横になっていた”と明らかにした。しかし以後スターニュースとインタビューでは “11日夜明け、私は掃除をしていて、往診陣は思うのがあるとトイレへ行っていたよ”とし “往診陣がトイレであまり出ないから私は家に行って寝ようと、門を開いてみたら包帯に首を結んだまま倒れていたよ”と言った。またニュースカルチャーとインタビューでは “夜明けに掃除しに往診陣の家に立ち寄った”とし “思うのがあるとトイレに入った往診陣が出なくて門を開けてみたら彼が首を担ぐというまだこれから倒れていることを見つけた”と言った。知人のインタビューをよく見れば一番初めてしたイーデイリーインタビュー内容とスターニュース、ニュースカルチャーと一インタビュー内容が違う。初めには食事後一緒に自宅に行ったと言い、以後インタビューでは ‘夜明けに掃除していた’ ‘夜明けに掃除しに往診陣の家に入った’と言った。知人のインタビュー内容から一貫されなくて疑心を買っている。同時に知人は往診陣が病院に入院している写真をマスコミを通じて公開した。一部ネチズンはこの状況に対して “信頼が行かない”とし “包帯で自ら命を断とうと思ったことはショーではないか”と言うなど疑心をしている。また退院後直ちにマスコミインタビューを一往診陣は現在離婚の手続きを踏んでいるナンシー・ランを猛非難した。彼はスターニュースとインタビューで “妻は周辺人々の言葉に目が眩んで徹底的に私を避けた”とし “妻は私を徹底的に裏切って欺瞞した人々と手を取り合って一つだけである夫を詐欺師で追いたてた”と言った。往診陣はインタビューを通じて “ナンシー・ランのアートビーズニス活性化のために投資したお金が問題が起こりながら始まった”と明らかにした。往診陣は投資のためにナンシー・ラン名義になった不動産を担保で4億ウォンの貸し出しを受けてぶら下げる600万ウォンの利子を出さなければならなかったが、投資を勧めたAさんが約束を履行しなくて大変な状況に置かれたと主張した。また往診陣はソウル地方警察庁にA種を買う疑いで告訴したと知られた。結婚発表と同時に各種詐欺疑いと嘘正体などで論難を起こした彼が今度にも問題を起こしたのだ。それでも彼は “(ナンシー・ランが) 周辺に続く離間計、’離婚をしなければならない’と言う言葉に意識まで売ってしまった”とし “誤解だけは解いて行かなければならないでしょうにそれさえ拒否してしまった”と言った。引き継いで “じろじろ泥沼に行く道なのに夫がどうしてそれを知らん振りをするのか”とし “空が結んでくださった縁を最後まで守ろうと最善をつくしたがもう心が去った”と言った。先立って往診陣はナンシー・ランと夫婦けんかの中で特殊損壊疑いで非拘束立件されて起訴意見で検察に送致された。先月20日夜の十二時頃ソウル竜山区の自宅で品物を壊すなど暴力を振るった疑いだ。しかしナンシー・ランに対する物理的暴行はなかったことと伝わった。ナンシー・ランと往診陣は2017年12月27日法的夫婦になったし、現在離婚の手続きを踏んでいる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735059.htm, 2018/10/11 10:20:27]