‘性暴行被害告白’ ヤングイェワン、” 22歳、23歳の時の私が労しい”

oI9KmgB_o

性暴行被害事実を告白したユティユボヤングイェワン(24)が涙で被害を訴えた。ヤングイェワンは10日午後4時ソウル西部地裁刑事4単独イ・ジンヨン判事心理で開かれた強制醜行など疑いに拘束起訴された撮影者モジブチェックチェ某さん(45) 2次公判期日に参加して被害者証人訊問に臨んだ。この日公判でヤングイェワンは “2015年7月学費と生活費500万ウォンを求めるためにフィッティングモデルバイトに支援したが、初日から陰部が現われる守衛の露出撮影を強要受けた”と証言した。発言によれば被告人チェさんは皆16番(回)進行された撮影回大部分を参加したし、定期会スタジオ室長の補助としてヤングイェワンが着る衣装を持って来てくれる役目を担当した。ヤングイェワンは “露出守衛が高くない時はチェさんは撮影に参加しなかったが、露出守衛が高くなれば黒い色デジタルカメラを持って直接撮影した”とし “チェさんは陰部から一指尺で一指尺半分までデジタルカメラをがジョだつけた後撮影した”と回想した。また “学費を用意するためにチョン室長に賃金を前借りしてくれと要請したことがある”とし “あの時からチョン室長は私の経済的事情と露出写真を撮影した事実を利用してもっと強度高い露出撮影を要求した”と主張した。チェさん弁護人はヤングイェワンが強制セクハラ以後5回もう撮影に応じた点、ヤングイェワンが先にチョン室長に撮影日程を取ってくれと要求した点、チェさんはデジタルカメラを使ったことがないと言った点、ヤングイェワンがチョン室長に送った ‘流出だめによく神経書いてくれれば感謝する’という内容のメッセージなどをあげてヤングイェワンの証オンに駁した。これに対してヤングイェワンは “私が一番恐れたことは ‘写真流出’だった”と言った。ヤングイェワンはこの日被害者証人訊問を終えた後最後の陳述で “今考えてみれば引っぱれるしかなかった22歳、23歳の時の私があまり労しくて、そんな私を理解してくれてほしい”と訴えた。引き継いで “25歳になった今全国民に ‘娼婦’ ‘殺人者’ ‘コッベム’という言葉を聞いて一日一日を暮し出している”とし “毎日どうやって暮すのか、またどう死ぬか悩む。ただ平凡に暮したい”と涙流した。ヤングイェワン法律代理人イ恩義弁護士は “まだ社会は性暴行被害者たちに ‘どうして抗議しなかったし、どうして民・刑事上措置をしなかったか’と被害者らしさを強要している”とし “学費と生活費が切実だった当時22歳の被害者に、500万ウォンだというお金がいくら大きい山のようにヌキョジョッウルジを眺めて月だと”と頼んだ。一方この日ヤングイェワンに引き続きまた他の被害者A さんを相手で非公開証人訊問を心理したイ・ジンヨン判事は来る24日3回公判期日を開いてチェさん側が申し込んだ撮影者2人に対する証人訊問を進行する。チェさんは去る2015年7月10日ヤングイェワン露出写真を115枚撮影して去年6月知人たちに写真を越して流出して、2016年8月にヤングイェワン下着を捜してセクハラした疑いなどで裁判に越された。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735056.htm, 2018/10/11 09:45:19]