ナンシー・ラン “往診陣と離婚…愛に目がつぶれた” 心境吐露(専門)

v9EUsgB_o

ポップアーティストナンシー・ランが夫往診陣(本名田駿株)と離婚するという立場とともに今後の芸術活動にだけ専念すると明らかにした。ナンシー・ランは12日午前自分のSNSに長文の文を書いた。最近起った夫往診陣の自殺の時も騒動及び離婚と係わった立場を整理した内容だ。ナンシー・ランはこの文を通じて “結婚から離婚まで騒騒しくて疲れるように消息を伝えるようになって心より申し訳ない”とし “これから静かにアートと美術作品にだけ専念する”と明らかにした。彼はまた “愛に目がくらんだ私の利己心と足りないことでその間私が一愚かな行動と言葉で傷受けた方々に心より申し訳なくて心深くお詫びさせていただく”と伝えた。先立ってナンシー・ランの夫往診陣は去る10日自殺の時も騒動をして人々を驚かした。自宅ふろ場で首を結んだまま意識を失った状態で発見された往診陣は当日午後退院した。当時往診陣は多数の媒体とインタビューをして “ナンシー・ランの心が弁解離婚するようになること”と言いながら “ナンシー・ランに最後まで守ってくれることができなくてすまないという話を伝えたい”と言ったことがある。ナンシー・ランと往診陣は去年12月インスタグラムを通じて婚姻申告事実を知らせた。往診陣の各種口舌にも二人は根強い愛情歩みを見せて世間の耳目を集中させた。しかし二人皆離婚立場(入場)を言及しながら短い夫婦生活はピリオドを付けるようになった。一方ナンシー・ランと後ろ向きになった往診陣は過去も件の特殊強盗強姦疑いで12年を服役し、去る2013年満期出所した以後電子足首輪が冷たいという事実が知られて世間に衝撃を与えた。この以外にも各種横領疑惑、詐欺事件などで裁判を受けている。私が選択した愛で結婚から離婚までこんなに騒騒しくて疲れるように私の消息を伝えるようになって多くの方々に心より申し訳ありません。すべての方々が私を心配して引き止めたが私が選択した誤った結婚と愛である位誰のせいもなしに私は大変でも私がすべて手におえるはずで責任を負わなければならない部分は責任を負いながらこれから静かに私のアートと美術作品にだけ専念して熱心に暮します。多くの方々が私のために心配してくださってまた暖かい激励と応援にどうもありがたくてありがとうございます。そして愛に目がくらんだ私の利己心と足りないことでその間私が一愚かな行動と言葉によってで傷受けた方々には心より申し訳なくて心深くお詫びさせていただきます。本当に良い姿お見せしたかったんです。離婚消息で多い記者の方々と作家様たちと放送グァンギェザブンドルの連絡に一人一人大切に応対できなく上げてあまりにもすまなくて申し訳ありません。ただ私が精神的肉体的にすべてのものが不安定な状態である点を勘案して寛大に理解お願い致します。もう私は12月7日個展が鼻先なので静かに作品にだけ集中しようとします。このすべての苦痛と試練を芸術家としてアートを通じる作品で昇華させます。すべての方々にもう一度申し訳なくてまた感謝いたします。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735148.htm, 2018/10/12 11:01:00]