‘私の年がどうで’ オ・スングン、音源収益金紛争 ‘1億ウォン’ 裁判所調整

OprOsgB_o

国民歌謡 ‘私の年がどうで’を取り囲んで起った音源収益金紛争が裁判所の合意調整に仕上げされた。ソウル高等裁判所民事32部は11日この歌を歌った歌手オ・スングン(66, 反ソフィーで)が作詞がかたがた製作者薄霧部さん(芸名バックウング、反訴原稿)に1億ウォンを支給(2018年11月30日まで5000万ウォン、2019年1月31日まで5000万ウォン)する条件で調整決定を出した。オ・スングンは去る2016年3月作曲家パクさんを相手で専属契約無効訴訟及び音源収益情報公開を要求する訴訟を出し、これに対してパクさんが契約違反による違約金及び損害賠償請求反訴を提起した。ソウル西部地方裁判所民事制11部(裁判長シンホンソック判事ユ・ヘジュ)は去年11月13日 “原稿(反ソフィーでオ・スングン)の本所請求は理由のないので棄却して、被告(反訴原稿薄霧部)の反訴請求は理由ある”とし “原告は被告に8億3千万ウォンを支給しろ”と判決した。これに対してオ・スングンが抗訴してまた地理した法廷攻防がつながった。結果はオ・スングンが敗訴となった1審結果を根拠でこれ以上の紛争よりは金額を一部調整して両側が受け入れることで最終仕上げされた。オ・スングンは最初契約書にない内容(韓国レコード産業協会から製作者がいただいた1億5千万ウォンあまりの音源使用料)を追加で要求して葛藤が生じて内容証明で両側間の立場(入場)を取り交わした後、結局法的紛争で飛話された。(2016年8月31日付け報道=[単独]歌手オ・スングン ‘私の年がどうで’ 音源収益不当訴訟)作詞がかたがた製作者薄霧部さんは12日わ通話で “もう結論が出た時において敢えて後書きをしたくない”と言いながらも “明らかなのは製作者が大変にアルバムを作ってヒットをさせた後歌手と葛藤が生じて悔しいことを党する場合がたまにあって、今度訴訟と調整結果でお金の金額を去って追後でも歌謡界に不当な慣行をすぐ雑阿洲はきっかけになったら良いだろう”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735146.htm, 2018/10/12 10:36:51]