ラッパー斧、ペットの犬医療事故死亡主張…”開いた口が塞がらなくて” 慰労

xY54vgB_o

ペットの犬の医療事故を主張したラッパー斧に向けてネチズンの慰労がつながっている。斧は12日早い午前インスタグラムにペットの犬葬式場面が写した写真を載せて “9歳になった雲が(ペットの犬名前)が医療事故で死んだ”と明らかにした。引き継いで “(ペットの犬が) 股関節手術後入院した。皆の帰った後意思が本人わがまま手術が気に入らないという理由で主人同意なしに手術してからいくばくもない子供をまた電信痲酔をさせて再手術した”と主張した。そして “以後死んだ。こんなあっけない買ってからは消えなければならないのが当たらないか”と吐露した。また “雲よ空で楽に休んで私たちケンダルと思いきり飛び回って遊んで”とペットの犬の死を悲しんだ。このような消息にネチズンは “話にならなくて”(knh7****) “心すごく痛いだろう”(suna****) “病院どうも知りたい”(powe****) “力を出すのを”(lhd****) “本当の期が支える。いくら悩み苦しんだだろうか”(seul****) “同意を得る時間がなかったか?手術が必要だと判断されたら主人に十分な説明をするべきだった”(4246****) “ペットの犬とともにする人として本当に切ない”(anst****) などコメントで荒唐な心を示して斧を慰めた。斧は普段芸能界代表動物愛好家に数えられる。去年tvN ‘対話が必要なゲニャング’ではペットの犬カラーとゴデーバを紹介したことがある。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735188.htm, 2018/10/13 00:00:03]