“連日 新歴史”…防弾少年団、Kポップ最初 美スタジアム公演

eVBixgB_o

“BTS(防弾少年団)は西欧観客の欧米に合わせようと思わなくてアメリカスタジアム公演を売り切れさせた一番目韓国歌手というエポックを開いた。”-アメリカ時事週刊誌タイム(TIME)Kポップミュージシャンの歴史が新たに使われている。全世界ファンから愛されて連日珍記録を立てているグループ防弾少年団(RM シューがチンゼイホブジミンブィ政局)が大韓民国歌手最初でアメリカスタジアムで公演を広げた。アメリカで最高人気を享受する歌手たちだけがスタジアムで公演ができるから、防弾少年団の今度公演は特別な意味を持つ。全世界的な人気と位相を ‘舞台クラス’で立証させた防弾少年団だ。防弾少年団は6日(以下現地時間) アメリカニューヨークシティフィールドで ‘ラブユアセルフ(LOVE YOURSELF)’ 北米ツアーフィナーレを飾った。先月5日LAを始まりにオークランドフォートワースハミルトンニューオクシカゴを経った。今度ツアーは15回公演で構えられたし、22万人座席が皆早く売り切れた。シティフィールドはアメリカメジャーリーグニューヨークメッツのホーム球場で、有名ポップスターポールメカトだから、ビヨンセ、レディー・ガガ、テイラー・スウィフトなどがこちらで舞台を構えたことがある。この日スタジアムをいっぱい埋めた4万ファンは防弾少年団の熱情一杯な約3時間公演に公演場が立ち去りそうな熱い喊声と熱狂で応えた。この日公演の先着順立場(入場)のためにファンは早ければ5日、遅ければ二日前からテントを張ってコンサートを待った。たまたまテントの設置された位ではない。100余個テントがまるで村を成すように駐車場を占領し、ファンはスタンディング席立場(入場)のためにギダリムの熱情を見せた。国内公演場の前で夜をあかす国内人気アイドルグループのファンに会うことは慣れたことだった。しかし国内アイドルグループグローバルファンのアメリカ最大規模公演場の前で ‘徹夜光景’は聞くことも見ることもできないことだった。防弾少年団の公演規模、人気などを認知したニューヨーク地下鉄政府の思いやりも目を注いでみるに値する。ニューヨーク地下鉄政府はシティフィールドまで運行する地下鉄を追加編成した。地下鉄には英語案内文といっしょに防弾少年団公演を探す韓国ファンのために韓国語案内文も付いた。公演以後ニューヨークタイムズ(The New York Times), ローリングストーン(Rolling Stone), NME など海外媒体はこの日公演に対して集中的に報道した。ニューヨークタイムズは7日(現地時間) 防弾少年団を “アメリカで一番成功したk-pop歌手”とほめたてた。また評論家ゾーンカラマニカ(Jon Caramanica)はニューヨークタイムズコンサートレビュー記事を通じて “k-popスーパースター防弾少年団がシティフィールド舞台を輝くようにしてファンは応えた”と表現した。ローリングストーンもこの日公演に対して “(防弾少年団が) ニューヨークシティフィールドで歓呼の声一杯な庶路アメリカツアーを仕上げた”とし “七メンバーたちは以前k-popグループが行くことができなかった汲む堂堂と歩いて行っている”と評価した。連れて “防弾少年団の歌歌詞大部分は韓国語だが何らの問題にならない”とし “家事を捜してみる前までむしろもっと神秘に感じられて、防弾少年団の伝えるメッセージは本当に美しい”と言うファンのインタビューも伝達した。防弾少年団は9日、10日イギリスロンドン公演も盛況裏に終えた。ニューヨーク公演直後イギリス有名マガジンNMEは当時ロンドン公演を控えた状況である防弾少年団のニューヨーク公演に大きい関心を見せた。NMEは “世界を征腹しているk-popバンドが韓国歌手最初でアメリカスタジアム公演を開いた”とし “防弾少年団はもう新しい歴史を作っているが、彼らのファンが言うようにこれは開始日だけ”と明らかにした。10日アメリカ時事週刊誌タイム(TIME)は22日発刊する最新号カバーに防弾少年団写真が糸リンダで予告した。タイムは防弾少年団に対して “ビトルス、ワン・ダイレクションのような ‘シムクング'(heartthrob)一外貌、耳元にくるくる回わる歌でニューキズオンドブルロック、イン・シンクのような踊りでBTSはマニアたちを集めて世界で一番人気あるボーイバンドがなった”と明らかにした。防弾少年団はイギリスロンドンを始まりにオランダアムステルダム、ドイツベルリン、フランスパリなど ‘LOVE YOURSELF’ ヨーロッパツアーを引き続く。防弾少年団が伝達する ‘自分を愛しろ’と言うメッセージが全世界に広がっている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735121.htm, 2018/10/13 05:00:02]