‘雄と雌肉である’ ハリウッド映画 ‘ベノム’と正面対決で映画順位1位

ZWX1xgB_o

五色紅葉の誘惑する秋が深くなっている中に去る3日封切りした韓国映画 ‘雄と雌肉である’が映画順位1位を占めた。同じ日封切りしたハリウッド映画 ‘ベノム’の興行勢も手強い。土曜日の13日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば ‘雄と雌肉である’は去る12日基準ボックスオフィス1位を占めた。累積観客は240万249人にのぼる。’雄と雌肉である’は監獄で7件の追加殺人を自状する殺人犯と自白を信じて事件を追う刑事の話を取り上げたボムジェシルファグックだ。金尹錫が刑事を、チュ・ジフンが殺人犯を演技した。2位を占めた ‘ベノム’は正義のある記者エドブロック(トムハーディ分)が外界生物体 ‘シムビオト’の宿主になった後マーブル最初のビルランヒーローベノムで生まれかわる話を描いたアクションブロックバスターだ。マーブル最初でビルランを主人公に立てたソロ映画という点がポイントだ。累積観客は286万1917人だ。韓国映画 ‘ミスバック’は ‘雄と雌肉である’ ‘ベノム’に引き続き3位を占めた。去る11日封切りしたこの映画の累積観客は6万6011人に集計された。ハン・ジミン・キム・シアなどが出演した ‘ミスバック’は幼い年齢に前科者がさびしく生きて行く女と苛酷な現実から脱出しようとする子供の話を描いた。4位と5位はそれぞれハリウッド映画 ‘スター伊豆本’と韓国映画 ‘ANSI性’で現われた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735224.htm, 2018/10/13 08:00:02]