10年目アイユの怪しからない線過ぎること、’ポケットベル’

C2NxxgB_o

‘Yellow C A R D. この線過ぎれば侵犯はbeep♪’ (アイユ ‘ポケットベル’ 家事中)いつのまにかデビュー10年目、歌手アイユ(25・本名イ・ジウン)がデジタルシングル ‘ポケットベル’を発表した。線を超えれば侵犯だと ‘ポケットベル’で歌っているアイユだが、アイユこそ線を越している。デビュー10年目歌謡界 ‘王先輩’.ぴょんぴょんとはねるイメージや新しいコンセプトを期待するよりは熟れた舞台マナーと歌唱力で勝負の賭を見ることを期待するようになる。しかしこれがなぜか。新しくてさわやかなアイユが ‘ポケットベル’にある。アイユは去る10日午後6時、デビュー10周年を記念してスペシャルデジタルシングル ‘ポケットベル’を各種ポータルサイトと音源サイトに同時公開した。’ポケットベル’はアイユが新しく挑戦するオールタナティブR&B ジャンルの曲で発売の前からリスナーの熱い知りたい事を催したことがある。公開後音源チャートは ‘ポケットベル’が ‘オールキル’した。歌は発売1時間ぶりの10日午後7時メロン、ジニー、バックス、ネイバーミュージック、オルレミュージックなど5個音源チャートリアルタイム順位1位に名前をあげた。今日(12日)も相変らず ‘ポケットベル’は相変らず5個重要音源サイト音源チャートリアルタイム順位首脳を守っている。その間ドラマと芸能出演など忙しいスケジュールを消化するために音楽活動に1年余の空白が生じた彼だ。しかし ‘ポケットベル’ 発売と同時にチャート正常はもちろん主要ポータルサイトリアルタイム検索語1位を掌握しながら特別な存在感を証明した。’ポケットベル’はアイユが作詞を引き受けて彼女のぴょんぴょんとはねる考えと率直な話が家事にそのまま盛られてリスナーの間でもっと話題を集めている。2年前、だからアイユの年スムルセッになった時自分の本音を真率に盛った ‘二十三’ またそんな理由で爆発的な人気をあつめた。二十三アイユが使って下がった ‘二十三’ 家事と二十五になったアイユの ‘ポケットベル’ 家事を比べて聞いてみることまた風変りな楽しさだ。単純なメロディーと家事の繰り返しそうにしかし、歌をじっと吟味してみると単調なメロディー中に染みこんだアイユ特有の奥妙な魅力といっそう成熟になった音楽性が耳を楽しくする。ミュージックビデオも怪しからなくて可愛い彼の魅力がそのまま盛られた。スウェグあふれるアイユが ‘次第カルグンム’を見せてくれるのに既存にブァワッドン ‘ガール・グループカルグンム’とは全然違った魅力だ。’ポケットベル’で10周年を身内の祝したアイユは相変らず音源クイーン、一番忙しい歌手の中で一つだ。来る28日から ‘2018 アイユ10周年ツアーコンサート-この今’を開催して全国を回ってファンに会うからだ。今度コンサートはデビュー曲 ‘迷子’から最近音源チャートを強打した新曲 ‘ポケットベル’までデビュー10年を同時に大衆の長年の愛を受けているアイユの過去と現在を総網羅した意味深い公演だ。国内に引き続き12月からは ‘アジアツアー’でその規模を確張して8日香港、15日シンガポール、16日バンコク、24~25日タイベイまで4ヶ都市で現地ファンに会う。時には敍情的なバラードで、時には率直なストーリーで、またいつはリメークの女神で、そうするうちに嬉しいフィーチャリングで。ミュージシャンアイユの怪しからない ‘では越えること’は進行中だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735189.htm, 2018/10/13 06:00:01]