‘社長が 美打ちました’ プレーオート、特別な成功秘訣…メモ革新

CsmXEgB_o

‘社長が 美打ちました’を通じて紹介された13年目ベンチャー企業プレーオートの独特の男文化が公開されて耳目が集中されている。14日午前10時5分放送された ‘KBS 働き口プロジェクト社長が 美打ちました'(以下 ‘社長が 美打ちました’)では中小ベンチャー企業部と中小企業振興公団とともに ‘未来を導く尊敬される企業’に選定された中小企業を伝えて分け経営を実践するCEOを紹介した。この日放送ではショッピングモール統合管理ソリューションを製作するプレーオートと自動測定装備製造業社テルスタホムメルの社長と職員たちが出演した。特にプレーオートの特別な成長秘法が気を引いた。プレーオート社長と職員たちは ‘分けながら成長する会社’の成功秘訣を聞かせた。先にキム・サンヒョク社長は “メッセンジャーに残しておけば後で返事しておいたら大丈夫だ”と職員たちがあいさつしなくても良い理由を明らかにした。彼の明らかにした秘法はすぐメモだった。キム社長は “思い出すことを無条件少なくて付ける。開発職員たちが何か働くのか一つ一つ書き留めて事務室空間設計図もまだある”と言って驚きを催した。引き継いで “男ベンチャーもしなければならないのにできなかった。2014年に書き留めたことだ。後でする予定”と付け加えた。この日一緒に紹介されたテルスタホムメルは自動測定装備、自動組み立て期、ロボット周辺器機、自動制御機など器機用自動測定及び制御装置を作る製造業社だ。去年売上高は414億ウォンだった。一方 ‘社長が 美打ちました’と言う青年失業44万時代の現在中小企業に対する青年求職者の認識を改善して楽しさと充実な情報、重たい感動を伝えるプログラムだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735277.htm, 2018/10/14 12:24:28]