‘ぱっと変わった’ コ・ヒョンジョン、復帰作 ‘チョたち号2’ではどんな姿?

573zKgB_o

俳優コ・ヒョンジョンが身違えるほど変わった姿で釜山国際映画祭に現われた。まるで全盛期の時の美貌を取り戻した姿に彼の復帰作 ‘町内弁護士チョたち号2’に対する関心も高くなっている。コ・ヒョンジョンのスタイリストは13日自分のSNSに釜山国際映画祭閉幕式で今年の俳優上審査委員資格で参加したコ・ヒョンジョンの姿が写した写真を載せた。公開された写真でコ・ヒョンジョンはあざやかな目鼻立ちとあごの線、か細いモムソンを誇った。また灰色のロングドレスと黒い色ジャケットで粋なファッションを完成した。先立って ‘リターン’で見せてくれたちょっと丸丸とする姿と確かに違う。彼の水分を吸い上げた美貌に次回作のためダイエットしたのではないかと言う声が出ている。コ・ヒョンジョンは去る8月 ‘町内弁護士チョたち号2’ 出演を確定した。シーズン1で活躍したパク・シンヤンとシーズン2で呼吸を合わせる予定。彼は釜山チャガルチ市場で手押車をひいて通って車を売るが、復讐のために身分を偽装したイム・ジョンヒ役を務めた。あくどさとミステリーすることを行き交って盛りだくさんの姿を見せてくれるようだ。特に演技すれば除くことができないパク・シンヤンとコ・ヒョンジョンの呼吸に関心が集まる。力強い機運を持った二人が会ってどんなシナジーを出すか知りたい事が高くなっている。先立って ‘町内弁護士チョたち号’ シーズン1が最高視聴率17.3%(ニールセンコリア集計)まで記録しただけ今度コ・ヒョンジョンの変身と二人の俳優の出会いがもっと良い結果を作り上げるか関心が集まる。しかし一刻ではコ・ヒョンジョンがやせたのは次回作のためではない ‘リターン’ 中途下車論難で気苦労をしてそうだろうという視線もある。コ・ヒョンジョンは去る2月 ‘リターン’で急に中途下車した。撮影過程でもたらした製作陣と葛藤が意見争いの水準を越して回復不能の地境まで早いせいだ。ここに暴行、悪口、プロンプター要求など事実を確認することができない各種ルーマーが出ながらコ・ヒョンジョンと係わる論難は加重された。以後彼は言論と会う映画 ‘虎より恐ろしい冬お客さん’ 公式日程に参加しなかった。しかし観客と会うGVには参加した。コ・ヒョンジョンは自分を応援するファンに “反省をたくさんしなくちゃいけないと思った”と “五しても誤解だが、どうないことが起こるかもしれないか思ったしどうしてじっといるかという話も聞いた”と言った。引き継いで “どんなことが起こった時悪いことだけもなくて、良いことだけもないということを感じた”とし “今度論難を通じて得たことも、失ったこともある”と言って関心を集めた。一方、コ・ヒョンジョンが出演を確定した ‘町内弁護士チョたち号’はうまく行く検事チョたち号が検察内部告発事件に巻き込まれて那落に落ちた後小市民が集まって住む町内に看板をつけて成功街道を走った人生代わりに正義感を選択して依頼人のために使命をつくす弁護士として人生2幕を開く話だ。KBS 側は “来年1月放送を目標で製作に入る予定”と明らかにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735327.htm, 2018/10/15 11:29:42]