ホン・サンス・キム・ミンヒ ‘草の葉っぱ’ 始動…国内観客の不便な視線

KebFKgB_o

ホン・サンス監督新作と同時に22番目長編映画、そしてキム・ミンヒとの五番目作品 ‘草の葉っぱ'(監督ホン・サンス ・製作映画製作田園社) 予告篇が15日公開された。翌日マスコミ試写会も開催する。’映画界熱いじゃがいも’ タイトルを維持している二人の新作に関心が集まる。’草の葉っぱ’は ‘オオ!修正’ ‘北村方向’ ‘その後’に引き継いだ紅監督の四番目白黒映画だ。路地の中コーヒー集で対話を交わす人々、彼らを観察して考えを記録する女の話を描いた。先立って公開された黒白ポスターにはゴム台は中で泣くことを開かしている草の葉っぱが盛られて印象を残した。予告篇も黒白画面だ。コーヒー集中に座ってそれぞれ他の話を交わす人々とそんな彼らを観察して記録する女抱え(キム・ミンヒの方)の姿が見える。キム・ミンヒの物静かなナレーション、安在鴻ゴングミンゾングギ・ジュボン西営化ジョン・ジンヨンキム・セビョクなど多くの俳優たちが予告篇に登場する。作品で多様な人物たちと観察者抱えがどんな関係を形成するか知りたい事を高める。ずっと世界有数の映画祭で好評と関心を受けて来た紅監督らしく今度映画も多数国際映画祭に相次いで招請を受けた。去る2月第68回ベルリン国際映画祭フォーラム部門初作品で公式の招請されて全世界観客に会い、第56回ニューヨーク映画祭メインスレート部門、第23回釜山国際映画祭韓国映画の今日の-パノラマ部門などにの招請された。普通国内映画の場合映画上映後記者懇談会が進行できるか ‘草の葉っぱ’ 側は “映画上映後記者懇談会は進行されない”という公知を付けた。先立って封切りした ‘その後’ ‘クレアのカメラ’ また記者懇談会なしに映画上映だけ進行されたことがある。4日から13日まで開かれた第23回釜山国際映画祭で観客との対話を二日間、野外舞台あいさつを一日進行したが、この時も紅監督と主演俳優キム・ミンヒは会ってみることができなかった。紅監督とキム・ミンヒは去る2016年スキャンダルがはみでた後しばらく門外不出してから去年から公式席上で一緒に姿をあらわしている。海外映画祭では着実に一緒に位置しているが、国内では去年3月 ‘夜の浜辺でひとり’ マスコミ試写会及び記者懇談会で公式的に付き合い事実を認めた以後見にくい状況だ。去る2015年 ‘ジグムウンマッゴグテヌントルリだ’で初めて作品呼吸を合わせた、そして不適切な恋人関係で発展した紅監督とキム・ミンヒだ。’草の葉っぱ’は二人が五番目一緒にした作品で、以後撮影された ‘川辺ホテル’を含めば皆六作品一緒にしたわけだ。一緒に作品活動をしながら愛と仕事二匹兎を争取した。キム・ミンヒは ‘夜浜辺でひとり’で第67回ベルリン国際映画祭で韓国俳優最初ウンゴムサング(主演女優賞)を受ける快挙を成した。芸術家としての立地をよく守っているが、’道徳’というイメージは喪失してから以前だ。思いきり避けているから国内映画ファンとの関係回復は解かなければならない宿題になった。’草の葉っぱ’は25日国内封切りを控えている。二人の作品、歩みを国内観客も見守っている。大衆芸術は大衆が歓迎する時意味を得る。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735330.htm, 2018/10/15 11:52:54]