H.O.T.いらっしゃった、アイドル援助集の帰還

ErGjKgB_o

“夢のようです。この舞台がH.O.T.の新しいページになったらと思います!”熱い喊声と涙、白色風船波が一杯だった。一時代を風味した私たちの永遠なお兄さん、H.O.T.(メンバー強打、ムン・ヒジュン、チャン・ウヒョク、トニ・アン、イ・ジェウォン)が17年ぶりにまた集まった日、ソウルオリンピック主競技場はきらめき輝いて美しかった彼らの全盛期をもう一度再現するように熱く盛り上がった。H.O.T.は去る13日と14日ソウルオリンピック主競技場で単独コンサート ‘2018 Forever(High-five Of Teenagers)’を開いて17年ぶりにファンに会った。今度コンサートは去る2月MBC 芸能番組 ‘無限挑戦- トートーが’ 特集をきっかけでメンバーたちが再会しながら成功した。ワンゾンチェで集まった単独コンサート。反応は予想したように熱かった。8万余席が皆売り切れだったし3時間という長いコンサート時間にもファンは疲れなくて熱い応援で雰囲気をほかほか焼いた。それもそのはずなのがH.O.T.路言うようならばアイドルを代表する国内1世代ボーイグループ。去る1996年デビューして2001年グループ解体までファンの熱い愛を一身に受けたことがある。H.O.T.は17年が過ぎるファンの長年の待つに応じようと3時間が超える公演を充実な構成で満たした。H.O.T.を歌謡界頂上に上がるようにした曲 ‘キャンデー’はファンとメンバーたちを思い出の時代に召還した。思い出のかぶりもの帽子とひもパンツ、だんだらにトルモザまで。可愛い衣装を着て現われたH.O.Tはメイン舞台ではないサーブ舞台に出て2階と3階にいる観客たちにあいさつを渡した。リーダームン・ヒジュンの可愛い尻踊りも久しぶりに見られた。今は母親、会社員、立派な淑女になったファンだが、あの時だけは少女に帰ってキャルル笑った。オープニング曲は1集タイトル曲である ‘戦死の後裔’.強烈な先週が響くとファンは一斉に席で起きて歓呼した。涙を見せるファンもいた。つながった舞台は ‘オオカミと羊’, ‘闘志’, ‘The Way That You Like Me’, ‘Outside Castle’, ‘ヨルマッツォ’, ‘子供よ’.アルバム収録曲がすっかりヒット曲であるH。O.T.であったから従って歌うことができない歌はなかった。ファンは ‘あなたと私’ ‘私たちの誓い’ 舞台の時一番多く涙を流した。H.O.T.義 ‘ファンソング’で有名な ‘あなたと私’は家事にファンに伝えるメッセージが盛られているから。’手に余る時もあってくたびれて疲れてそうな時は一人で泣きたいが、君逹を思って私たちを眺めるあなた常にしてしたことなのあなたと私’コンサート中間、H.O.T.が長年の時間待ってくれたファンのために準備した映像手紙もびっくり公開された。メンバーたちは ‘皆力を出してもう一度私たち始める。変わらないお互いに対する愛、固い誓い、美しい日々が永遠なの。ありがたくてそしてこめんね。あまりにも大事な今この瞬間もう一度叫んでみる ‘私たちの誓い’ フォーエバーH.O.T.’というメッセージが出るとファンはH.O.Tを叫んだ。以後H、O,Tは移動式舞台に上がって主競技場を一回り回って遠くから見ている観客にも漏れ無くあいさつをした。終わりにはファンの間に ‘奇勝前色’と呼ばれる ‘光’を連続して呼んでコンサートを仕上げた。H.O.T.はコンサートを終えてファンにまた会うことを固く約束した。今度出会いが終りではないとファンの前で約束するメンバーたちの表情には確信が立ちこめていた。メンバーたちは終わりまで白い風船を力強く振るファンを向けて明るいほほ笑みで次を約束した。強打は “遅れたがこのようにすることに集まって嬉しい。こんなによく集まれば良いだろう”とまた他の出会いに対する望むことを伝えた。イ・ジェウォンは “夢のようだ。この舞台がH.O.T.の新しいページを使って行く、一ページになれば良いだろう”と言った。H.O.T.は今度公演を準備してH.O.T.公式SNS アカウントを作った。単独コンサートが終わった後にもアカウントを維持する計画だ。H.O.T.の二番目歴史、これから手始めだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735313.htm, 2018/10/15 10:24:10]