‘ベノム’ ‘スター伊豆本’ オフシーズン映画館通りに現われたウェルメイド外貨

QEw1PgB_o

襟を染みこむ冷たい秋願うことが吹く中に観客の心をとかしてくれるウェルメイド外貨が現われた。映画 ‘ベノム'(監督ルーベンプルレショ)と ‘スター伊豆本'(監督ブラッドレイ・クーパー)が主人公で、それぞれボックスオフィス2, 4位を記録して国内観客の関心を受けている。◆ ‘ベノム’, 予告された興行作16日午前映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば ‘ベノム’は15日一日の間5万5809人を呼び入れた。累積観客数3305万167人でボックスオフィス2位を占めた。同じ日封切りした国内映画 ‘雄と雌肉である’と現在上になったり下になったりして1, 2位を行き交っていて関心が集中されている。’ベノム’は正義のある記者エディブロック(トムハーディ)が外界生物にシムビオトの宿主になった後マーブル最初のビルランヒーローベノムで生まれかわる話を描いたアクションブロックバスターだ。’ベノム’はマーブル最初で悪党を主人公に立てたソロ映画という点で封切りの前から関心を集めた。スパイダーマンシリーズで一番強烈な悪党で指折り数えられるキャラクターと同時にマーブルの代表的な悪党キャラクターベノムはヒーローキャラクター劣らない人気を呼んでいる。マーブルファンなら ‘ベノム’は除くことができない作品。特に ‘ダンケルク’ ‘マッドマックス:怒りの道路’ ‘ダークナイトライズ’ ‘インセプション’ などで幅広い演技力を消化したトムハーディが鏡餠のように演技して関心を高めた。◆ 秋と似合う ‘スター伊豆本’ 寂しい秋感性とよく似合うまた一つの映画が誕生した。レディー・ガガ、ブラッドレイ・クーパー主演の映画 ‘スター伊豆本’だ。この映画は歌には驚くべきな才能を持ったが認められることができなかった無名歌手が自分のすべてのものを愛してくれる人に会って最高のスターに生まれ変わる話のミュージックドラマだ。16日午前映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば ‘スター伊豆本’は前日観客数1万5809人の観客を動員した。累積観客数は16万9204人だが口コミでたゆまぬ上昇勢を見せている。この映画は普段 ‘派手の結晶体’であるレディー・ガガの演技変身でも話題を集める。彼は美しい音色と普段見られなかった自然な素肌で女主人公アレー訳科一つになった。特にブラッドレイ・クーパーが初めて演出、脚本、主演を務めた作品にも高い完成度を誇って多くの人々の間で好評が持ちきりだ。またこの映画が注目されていることはレディー・ガガとブラッドレイ・クーパーが100% ライブで直接歌を歌ったという点だ。二人の声は映画上映の間観客の鼓膜を浄化するからといって ‘鼓膜浄化映画’でも数えられる。この映画は今年アカデミー授賞式主題仮想はもちろん作品賞と主演賞など主要部門の有力候補に言及されて大衆性、作品性など色々部門で認定を受けている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735420.htm, 2018/10/16 09:53:46]