俳優聖賢、第12回青木多文化国際断片映画祭広報大使委嘱

8empQgB_o

俳優聖賢が第12回青木多文化国際断片映画祭広報大使に活躍する。第12回青木多文化国際断片映画祭事務局は16日 “聖賢が作品の中多様な姿で俳優スペクトラムを広げて行く姿が毎年成長する青木多文化国際断片映画祭に似ていて、彼を映画祭の顔と同時に映画祭を輝かす広報大使に委嘱した”と明らかにした。広報大使委嘱式は19日京幾住まなかった文化芸術儀典当たりで進行される。去る2012年KBS2 シツエイション・コメディー ‘天女が必要なの’でデビューした聖賢はMBC ‘獄中化’, SBS ‘果てしない愛’, MBC ドラマネット ‘私の残念な彼氏’ などシツエイション・コメディー時代劇現代物などを行き交って多様なキャラクターで延期スペクトラムを広げて来た。また去年パク・ソングァン監督がメガホンを取った映画 ‘悲しくなくて悲しい’の主演チォルウキャラクターで分解纎細な演技を広げた。同じ年第1回美醜ホールフィルムフェスティバルでは ‘悲しくなくて悲しい’に残ろう演技賞を受賞した。聖賢は “生涯初映画祭広報大使に委嘱されて男演技賞受賞した時のように嬉しくて栄え栄えしい。青木多文化国際断片映画祭がもっと多い人々に愛されて成功的に開催されるように広報大使で責任感を持って熱心に広報に先に立つ”と委嘱所感を伝達した。19日から21日まで開かれる第12回青木多文化国際断片映画祭は魂、夢、愛、多文化を主題で開かれる。皆443編の作品が受付されて10日間の予備審査を経って46編作品が本選進出作品で決まった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735435.htm, 2018/10/16 11:27:16]