‘悔しいです’…ヒョナvs キューブ、誰がもっと過ちだろう?

a62GUgB_o

歌手ヒョナとキューブエンターテイメントが9年間のパートナーシップにピリオドを付けた。ガール・グループフォーミニッツで始めてソロ歌手ヒョナまで。アーティストとマネジメントでお互いを信じて頼って大事に積んで来た9年の歳月だ。そうなのに9年のゴングドン塔がとても易しく、それも一瞬にして崩れてしまった。理由はもっとあっけない。アーティストの ‘秘密恋愛’だ。◆ キューブエンターテイメントの ‘便”ヒョナがイドンと熱愛をするから契約を解約する’事実だけおいてみれば所属社側で9年間一緒にした所属歌手ヒョナにとてもひどい仕業(?)をしたようだが、キューブエンターテイメント立場(入場)では今度契約解約論難は悔しい一日しかない。事件の発端に帰ってみよう。ヒョナとイドンの熱愛説が初めてはみでた時期は去る8月、当時キューブエンターテイメントは二人の熱愛説を直ちに否認した。アーティストが口をイメージ打撃を考慮したからだ。しかしキューブの努力はただ一日ぶりにどんな意味ない行動に帰ってしまった。ヒョナとイドンがすぐ翌日、一媒体とインタビューを通じて熱愛中なのを認めたこと。所属社の迅速な対応を覆す迅速な ‘お冷やばらまき’だった。アーティストと信頼と信頼をもとに働いて来たキューブエンターテイメント立場(入場)では狼狽するしかないヒョナとイドンの障りない歩み。ファンに率直になりたい二人の心は理解ができる部分だが、長年の歳月一緒に働いて来た数多い ‘会社の同僚’を気配りしない徹底的な ‘二人’のみのための一方的な決定だった。しかも熱愛説がはみでた当時ヒョナとイドンはキューブエンターテイメント所属で同じ釜の飯を食ってプロジェクトグループトリプルHで活発に活動を引き続いた時期。所属社が描いたトリプルHの今後の活動とひいてはヒョナのソロ計画、イドンが属したグループペンタゴンのカムバックまで皆きずが生ずるしかない責任感ない行動だった。所属社はヒョナと長い間の時間信頼と信頼を積んで来た。所属社はアーティストは保護しなければならない義務があるが、アーティストも所属社のために信義を守らなければならない義務がある方法。しかしヒョナは個人の幸せだけ主張したと言うのが惜しい部分だ。’恋愛禁止’ではなく、責任感いる ‘大人の愛’をしろというんだ。それでは少なくともこんな破局は避けることができなかっただろうか。9年間一緒にした仲間たちを失望させる仕事もなかった側で。◆ ヒョナの ‘弁’しかし会社ではないヒョナの視覚で今度事案を眺めるようになったら立場(入場)はまた違う。9年間熱心に働いて来た会社で一瞬にして切られた気持ち。それも社内恋愛が事由になった。悔しくてまた悔しいしか。ファンのための決定だったし愛のための勇気だったが、一番重要な瞬間信頼を与えなければ割 ‘内篇’があぶ刀をさしたわけだ。去る15日、現代週刊が公開した手紙によればヒョナは今度契約解約と係わってキューブエンターテイメントにさびしさを仄めかした。ヒョナは所属社と契約解約の前、所属社側に手紙で自分の心を伝えたりした。彼は手紙を通じて “今日キューブエンターテイメントがあるまで身がこわれなさい熱心に活動した罪しかない”と悔しがった。引き継いで “私が罪があったら第一はJYPと別れる時ホン・スンソン会長便に立ったこと、二番目は紅会長とパク虫民社長が葛藤をもたらす時説得を振りはなして紅会長便に立ったこと、三番目はキューブが上場した後、そしてキューブがあるようにすることに最善をつくした罪です”と伝えた。特にヒョナは去る9月直属後輩ペンタゴンメンバーイドンと熱愛が明らかになってキューブエンターテイメントから一方的な退出を通報受けたことに対してとても悔しいように見えた。彼が書いた自筆手紙によればヒョナは手紙を書いた10月4日まで株主総会召集関連通報を受けることができなかったと主張した。彼は “言い訳をして時間を引きじて時間を引きじて (召集) 引き延ばさせている。私は一日一日思い焦がれる時間だ。2ヶ月になる長い時間を待つことはとても大変だ”と言った。彼は終わり、10月15日まで答信をくれと督促した。ヒョナは最後に “私の心と関係なくキューブから退出されて私のイメージは地に落ちて名誉は失墜された。美しい旧情を思ったら美しく円満に解決されるのを願う。何らの連絡がなければ今まで進行された事実を根拠で記者会見を通じて底意道に行く”と付け加えた。結局ヒョナとキューブエンターテイメントは9年の歳月を後にして各自の道を歩くことにした。15日キューブはヒョナの手紙に契約解約決定で答をしてヒョナもSNSにイドンと幸せなカップル映像をあげて愛を誇示した。ネチズンたちはヒョナとキューブエンターテイメントの別離に多様な意見を残しているが、結局惜しいという反応が大部分だ。立派なアーティストを成功の道に導いた所属社だったし最善をつくす所属社の信頼に200% 応じた器用なアーティストだったからだ。お互いに向けた信頼が根本になった時可能なこと。今になって誰がもっと間違ったのかを計算することは重要ではない。もうこれ以上キューブエンターテイメントにヒョナはいなくてヒョナはキューブエンターテイメント所属ではないというの、この事実が一番惜しいだけだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735503.htm, 2018/10/17 05:00:03]