もっとイーストライトイソックチォルが明らかにした ‘所属社暴行事件’の顛末 (総合)

Zi4b9gB_o

バンドもっとイーストライトメンバーイソックチォルが自分の所属社メディアラインから常習的な暴行と脅迫を受けたと暴露した。イソックチォルは19日午前11時ソウル鍾路区弁護士会館ビル10階で最近話題になった所属社暴行事件と係わって記者会見を開いて、該当の疑惑に対して詳しく話した。この日固い表情で取材陣の前に立ったイソックチォルは記者会見を開くようになった理由に対して “Kポップ歌手として弟(妹)たちの傷を座視することができなかった。児童虐待と人権蹂躙が消えたらと思う念願で記者会見を進行するようになった”と明らかにした。彼は “弟(妹)と同時にグループのベーシストを引き受けているイ・スンヒョンはムンヤングであるPDからスタジオで監禁にあった状態で50余順番そう頭が裂けて、当時ボーカルメンバーも頭に棒に迎え血をこぼした”と暴露した。引き継いで “イ・スンヒョンは所属社で行われた常習的な暴力によって現在精神的な治療を受けている”とし “ムンヤングであるPDから殺すというカトック脅迫まで受けた”と言った。それとともに “ムンヤングであるPDが2015年頃メンバーたちを地下演習室に伏せろをさせた後野球バットで尻を20余台ずつ殴った。ご両親に知らせれば殺すという脅迫も常習的に受けた”と付け加えた。さらにギタズルで首を眠い暴行まであったと主張した。イソックチォルは “報道資料のように5.5 その他ケーブルを首に巻いて並びを引っぱった”とし “演奏が違ったり付いて来ることができない時4時間の間首を締めた”と当時状況を伝えた。彼は “キム・チャンファン会長様は暴行現場を目撃しても ‘そよそよしろ’と言いながら座視した。またイ・ジョンヒョン代表様は傷を治療してくれないで放送出演をさせた”と言いながら涙を見せた。今やっと暴露を決心するようになった理由に対しては “単純にこんなものを言えば音楽ができないと思って暴露ができないようだ。私が代表に出て記者会見をすること”と説明した。暴行事件と係わるCCTV あるいは証拠映像などの存在有無に関しては “映像は持っていることがないが録取録は現在持っている”と返事した。現在所属社を相手で刑事告訴を進行中のメンバーはイソックチォル-イ・スンヒョン二人だ。彼は今後の法的な手続きに対して “法的の調査を受けるようになったらその間あったすべての事実を率直に言うはずで、このような暴行自体が消えなければならないと思う”と言った。また現在自分が一番恐ろしがる部分に対しても言及した。彼は無慈悲な監禁と暴行にあったにもその間言えなかった理由で “うちのメンバー皆が申告をあまりになりたかった”と明らかにして “それでも夢を忘れてしまうか心配で参照、勇気を出して再発防止要請をした。夢が壊れるか心配で恐ろしかった”と心境を伝えた。終りに “ファンみなさんに良い音楽聞こえて上げて良い姿お見せすることに約束したが、こんな事件が起こったことに対してとても申し訳ない”と明らかにしたイソックチォルは “この事実を早く知らせることができなくてファン方々頃心の傷つけたことに対しても申し訳ない。これから我が国で児童虐待と人権蹂躙などが起きなかったらと思う念願だ”と付け加えて記者会見を結末をつけた。先立って去る18日もっとイーストライトメンバーたちがデビューの前から今まで持続的に所属社メディアラインエンターテイメント所属ムンヤングであるPDに暴行にあったという報道が出て衝撃を抱かれた。報道によると有名プロデューサーであるキム・チャンファン会長やはりメンバーたちに暴言を言ったしムンヤングであるPDが行使する暴行を見逃したと知られた。ここに所属社側は公式報道資料を通じて “キム・チャンファン会長が暴言をしたのではなく親の心で訓戒したのだ。暴行を糸を引いたり傍助したことがない”とし “問題になったムンヤングであるPDは過ちに対する責任を痛感して会社に辞意を表明した。1年4ヶ月の前該当の事実を初めて認知した後メンバー親たちと対話を通じて円満に解決した”と解き明かした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735757.htm, 2018/10/19 16:31:40]