キム・チャンファン代表 “暴行・暴言絶対なかった…法的対応すること”(専門)

BLhMahB_o

ボーイバンドもっとイーストライト(メンバーイ・ウンソン、ゾングサガング、イ・ウジン、イソックチォル、イ・スンヒョン、ギムズンウック)のメンバーイソックチォルが自分の所属社メディアラインから常習的な暴行と脅迫を受けたと暴露した中にキム・チャンファン代表が早い力強く否認して法的に対応すると明らかにした。キム・チャンファン代表は19日午後公式報道資料を通じてこのように明らかにして “職員をまともに管理することができなくてこんな良しからることが起こったことに対して不徳さを痛感して重ねて謝りのこと申し上げます”と運をテッダ。引き継いで “次席撤兵の記者会見を見ながら1年4ヶ月前メンバーたちの暴行被害を初めて分かるようになった時のようにあまりにも胸が痛かったです”とし “昨日も明らかにしたように私が去る30年の間幾多の歌手たちを掘り出して来ながらただ一度も暴行を糸を引いたり傍助したことがないしメンバーたちを教えたり訓戒したことはあっても幅オンや暴行をしたことがないことをもう一度明らかにします”と既存の立場(入場)を維持した。キム代表は “私の過ちと不覚に対してくださる批判は謙虚に受け入れてすべての疑惑に対しても正直な態度で向い合って直すために努力するが、誇張された虚偽事実で名誉を毀損する行為に対しては積極対応しようとします”と付け加えた。先立ってメディアラインエンターテイメントは去る18日、報道資料を通じてプロデューサーA さんがもっとイーストライトメンバーたちの暴行事実を認めたし責任を痛感して退社したと明らかにしたことがある。同時に暴行事実が分かるようになった後にはご両親と対話を通じて円満に解決したし以後暴言や暴行はなかったと説明した。またキム・チャンファン会長がこれを傍助したという主張に対しては事実ではないと線を引いた。しかし今日(19日) リーダーイソックチォルはソウル光化門弁護士会館で記者会見を開いて去る2015年から地下演習室と録音室、屋上などで所属社A さんから野球バットなどで尻を常習的に暴行にあったと主張して論難が拡がるとキム・チャンファン代表が直接立場を明らかにするのに至った。真実攻防で蕃鎭今度事件。どうやって結末を結ぶか人々の目と耳が集中されている。下はキム・チャンファン代表公式立場専門だ。もっとイーストライトの所属社メディアラインエンターテイメントの会長兼総括プロデューサーであるキム・チャンファンです。先に、職員をまともに管理することができなくてこんな良しからることが起こったことに対してメディアラインエンターテイメントともっとイーストライトを責任負っている人として、自分の不徳さを痛感して重ねて謝りのこと申し上げます。次席撤兵の記者会見を見ながら1年4ヶ月前メンバーたちの暴行被害を初めて分かるようになった時のようにあまりにも胸が痛かったです。しかし、昨日も明らかにしたように私が経ったおよそ30年の間幾多の歌手たちを掘り出して来ながらただ一度も暴行を糸を引いたり傍助したことがないし、メンバーたちを教えたり訓戒したことはあっても暴言や暴行をしたことがないことをもう一度明らかにします。私の過ちと不覚に対してくださる批判は謙虚に受け入れてすべての疑惑に対しても正直な態度で向い合って直すために努力するが、残っているもっとイーストライトメンバー4人の未来のためでも誇張された虚偽事実で名誉を毀損する行為に対しては積極対応しようとします。このような論難で心配をおかけした点もう一度謝りのこと申し上げます。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735799.htm, 2018/10/19 23:00:32]