‘ポストメン’, ‘雄と雌肉である’ 折った…初日ボックスオフィス1位

hWgu7gB_o

‘ララランド’ ‘ウィプルレスィ’ 監督デイミオンショゼル監督新作 ‘ポストメン’が国内封切り初日ボックスオフィス1位に上がった。19日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば映画 ‘ポストメン'(監督デイミオンショゼル’)は前日観客7万848人、累積観客7万3200余人を集めてボックスオフィス1上を占めた。去る3日同じ日封切りした以後ずっとボックスオフィス正常席を上になったり下になったりした ‘雄と雌肉である’と ‘ベノム’を追い抜いて王座に上がって人目を引く。前日から観客に会っている ‘ポストメン’は1969年アポロ11号話、誰も経験することができなかった世界に挑戦したアストロノートニール・アームストロング(ライアン・ゴズリングの方)の月着陸過程をシガンスンで盛った作品だ。全世界的に大きい愛を受けた ‘インターステラー’ ‘グラヴィティ’ ‘マション’ などを引き継ぐ最高の宇宙映画という好評がつながる。’ポストメン’はねじ(NASA)の支援をもらってリアリティーを立てる。連れて ‘インターステラー’ ‘ドングケルト’ ‘偉いショーマン’で活躍を見せてくれたし、アカデミー首相をしたことがある出るというクロリが美術監督に出て宇宙セットなどのリアルな具現に力を加えた。デイミオンショゼル監督は先立って ‘ララランド’ ‘ウィプルレスィ’ など音楽映画で観客に会ったことがある。二つの作品で呼吸を合わせたジャスティンホウィツ音楽監督が今度作品でも一緒にして音楽にも耳を傾けてみるに値する。同日 ‘雄と雌肉である’は観客5万1200人余り(累積観客308万5000人余り)を集めて2位を記録した。’ベノム’は観客3万4000人余り(累積観客343万1200人余り), ‘ミスバック’は観客2万1400人余り(累積観客30万8800人余り), ‘裏切りのローズ’は観客9400人余り(累積観客1万500人余り)を現わして ‘雄と雌肉である’の後を引き継いだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735703.htm, 2018/10/19 09:32:44]