時ならぬ ‘浮名説’, 流布者法的処罰守衛は?

FyZE5gB_o

いわゆる ‘脾臓の時(私設情報誌)’とルーマーで多数スターたちが頭を抱えている。彼らが ‘法的対応’というカードを持って来た中にルーマー流布者に対する法的処罰守衛に対する関心が集まる。法律事務所書簡パートナースチョ玄涯弁護士は18日に “一般的には罰金刑が大部分ではあるような事件のように有名人を対象に不特定多数の国民に流布したので罰金刑を超過する処罰もできるようだ”と説明した。情報通信網法によればインターネット上で嘘を指摘して名誉を毀損した場合7年以下懲役や5000万ウォン以下罰金に、事実である内容を流布して名誉を毀損した場合3年以下懲役や3000万ウォン以下罰金に処する。流布した内容が事実でも事実ではなくても名誉を毀損したら法的処罰が可能だという話だ。去る17日突然各種SNS(社会関係網サービス), オンラインコミュニティを中心にナ・ヨンソクPD-俳優チョン・ユミ、チョ・ジョンソク-グループスピカメンバーヤン・ジオンの不適切な関係を説明する内容が回った。うわさは急速度に拡散し、彼らの名前はあっという間にポータルサイトリアルタイム検索語順位を掌握した。解明が出ないのに当て推量は加わって行った。ルーマーが広く広がり始めてから一日ぶりに、チョン・ユミナ・ヨンソクPD チョ・ジョンソクはそれぞれ強硬な対応を示唆した。チョ・ジョンソク所属社JSカンパ二ーは “根拠ないうわさに対してどの位甘受して力強い対応をしなかったが、当事者だけではなく家族に対する当て推量とうわさが拡散していて聞き捨てられない水準に至った”と立場(入場)を表明する理由を付衍した。彼らはそれぞれルーマー流布者に対する不快な声を高めて法的対応を知らせた。所属社なしに活動しているヤン・ジオンはイーデイリーとインタビューで “脾臓の時に出た内容は少しも事実ではない。小説同じ内容に出たらめだ”とし “流布者に厳罰が下ろされて二度と似ていることが起こらなければ良いだろう”と立場を明らかにした。インターネット、SNSの発達で易しくて早くうわさが伝える最近だ。チョ玄涯弁護士は “サイバー名誉毀損の場合電波性が強くてそれによる被害者の被害が増加していて最近処罰守衛が強化されている成り行き”と最近雰囲気を伝達した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735670.htm, 2018/10/19 02:00:02]