暴行事件・脾臓の時・飲酒運転まで。..芸能界 ‘赤い火’

qAdN7gB_o

飲酒運転から ‘脾臓の時’ 騒動、暴行事件まで今週芸能界は各種論難でごっちゃになった。ポータルサイトは連日スターたちのイシューに壁貼りされている。論難の中心に立ったスターたちがリアルタイム検索語に上り下りして熱い関心を受けているからだ。大衆はこれと関して非難を浴びて適当な彼らに対しては厳重な定規を、被害を受けたスターに対しては対策用意が至急だという声を出している。◆ 最年少バンドグループドイストライト、暴行暴言あった?18日エックススポーツニュースは “キム・チャンファン会長が所属歌手であるもっとイーストライトに暴言を言って所属プロデューサーAさんは暴行を振るったという疑惑が申し立てられた”と報道した。メンバーたちはデビュー前の2015年から最近まで持続的な暴言と暴行にあったと知られた。もっとイーストライトの側近は “Aさんが未成年者であるメンバーたちに毒づいて気合いを与えることはもちろん頬を殴って野球バット、鉄マイク台などで極甚な暴力を振るった”と主張した。所属社メディアラインエンターテイメントは “約1年4ヶ月の前もっとイーストライト担当プロデューサーがメンバーたちを指導・教育する過程で暴行が発生したという事実を初めて認知した”とし “以後メンバーたち親と対話を通じて円満に解決したし再発防止をご約束致した”と明らかにした。引き継いで “該当のプロデューサーは本人の過ちに対する責任を痛感して会社に辞意を表明して修理した状態”と付け加えた。また所属社は “キム・チャンファンプロデューサーはもっとイーストライトメンバーたちに訓戒したことはあっても、暴行を糸を引いたり傍助したことがない”と強調した。しかしもっとイーストライトメンバーB君は所属社の立場(入場)と違う姿だ。B軍は19日午前11時光化門弁護士会館10階チョ・ヨンレホールで記者会見を開いて暴行被害事実を直接証言して、関連証拠も提示する予定だ。ネチズンは “どうやって幼い子たちを殴ることができるのか”とし “プロデューサー実名を公開しなければならない”と言う反応を見せている。◆ 芸能界 ‘脾臓の時騒動’, 各種浮名説で★ つかれ病い芸能界 ‘脾臓の時’が連日熱いじゃがいもに浮び上がっている。俳優チョン・ユミとナ・ヨンソクPD, 俳優チョ・ジョンソクとグループスピカのヤン・ジオンが ‘脾臓の時’の主人公で浮び上がってポータルサイトを荒らした。彼らは皆 ‘浮名説’に巻き込まれたが、このためにリアルタイム検索語には一日中 ‘浮名説’が上がっている。彼らは皆力強い法廷対応をすると明らかにした。チョン・ユミの所属社マネジメント森とチョ・ジョンソクの所属社JSカンパ二ーは “当社は悪性ルーマーの最初作成及び流布者、オンライン掲示者、アックプルロに対して責任を問うために証拠資料収集を終え、今日の法務法人を通じて訴状を受け付ける予定”と言った。二つの所属社皆 “善処ない力強い法的対応をすること”と強調した。ナ・ヨンソクPDは “個人の名誉と家庭がかかっただけ善処はないとはっきりと明らかにすること”と言いながら “CJ ENM 及び弁護士がこれと関した証拠を収集中で、訴状提出を準備中”と明らかにした。ヤン・ジオンもイーデイリーとインタビューで “本当に多い傷になるのにどのように解決しなければならないか流布者を取ることができるのか方法が分からなくて、助けをどこに請じなければならないか、請ずると流布者を取ることができるのか、処罰が可能なのかなすすべがない。そっくりそのまま耐えるだけだ。私のできることがなくてとても悲しい”と言って切なさを催した。このように幾多のスターが悪性ルーマーで頭を抱えている。所属社側でもアーティスト保護のために力強い法的対応をしているが処罰守衛が低くてスターたちはお手上げであっている。長年の時間多いスターたちがルーマーに露出しただけ力強い処罰守衛が必要に見える。◆ “またお酒が問題” キム・ジス、今度は飲酒インタビュー論難キム・ジスは去る17日映画 ‘完璧な他人’の広報のために用意していた取材陣とラウンドインタビューに遅れた。午前10時から進行予定だったがめったに登場しないと所属社ナムアクターズは “現場マネージャーと連絡が触れない”と解き明かした。以後40分後現われたキム・ジスは酒に酔っていた。彼は記者たちに “試写会を終えて仲間たちと夜明けまでお酒を飲んだが答えるには問題がない”と言った。りんごはなかったし舌は狂った状態。取材陣はこれ以上インタビュー進行が不可能だと判断するとキム・ジスは “気持ち悪いか”とし “返事することができるから聞きなさい”と言った。すまない気配どころかむしろ取材陣に不快な気配をあらわした。今度飲酒インタビューは記事化になって多くの人々に忽ち知られ、2番(回)の飲酒全力までまた膾炙された。キム・ジスは2000年7月30日無兔許飲酒運転で摘発された。当時彼は血中アルコール濃度0.175%ができるだけ洋酒を飲んで自分の車を運転して事故を起こした。以後キム・ジスは2010年にも飲酒運転をしてタクシーと衝突する事故を起こした。事件現場で逃げだした彼は飲酒事実を否認して論難の中心に立った。結局事故3日ぶりに所属社を通じて公式誤りを一彼は大衆の非難を浴びた。今度にも遅い対応だった。事件が起って8時間が経っては所属社を通じて謝罪文を発表した。すると大衆は “プロらしくないうえ遅い謝り”と言いながら冷ややかな視線を送った。こういうわけでキム・ジスは封切りを控えた映画 ‘完璧な他人’に対する被害はもちろん26年の間積んで来た俳優として信頼も一瞬にして墜落した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735710.htm, 2018/10/19 10:46:36]