芸能界脾臓の時、ニュースになるまで

btHa5gB_o

芸能人 ‘脾臓の時’で連日ポータルサイトが熱い。チョン・ユミ、ナ・ヨンソクPD, チョ・ジョンソク、スピカのヤン・ジオンなどがトングムオブヌン ‘脾臓の時’の主人公になってリアルタイム検索語を占めている。各所属社側は “事実無根”と言いながら “力強い法廷対応をする”と明らかにした中にこんな根拠ないルーマーがどう作られたのか関心が集中されている。最近モバイルメッセンジャーを通じてチョン・ユミとナ・ヨンソクPD チョ・ジョンソク、蜘蛛、スピカヤン・ジオンなどに対する脾臓の時が拡散した。’浮名説’が主な内容で彼らは急に問題の主人公になった。今度 ‘脾臓の時’は特に大きく拡散した。普通共有することから止む場合が多いのに今度はいつより早い速度で多くの人に拡がった。それだけ波長はもっと大きかった。ポータルサイト検索窓に関連人物を検索して見ると、リアルタイム検索語に早く上がり、各媒体はこれによるニュースを作成する過程で脾臓の時を引用するようになった。これを公論化させたマスコミも責任を避けることはできない。このような姿は以前の ‘脾臓の時’が広がる過程と確かに違う。過去 ‘脾臓の時’は証券街高級情報で、少数だけ持っているエキスの中でもエキス情報だった。これを得るためにお金まで支払う場合がイッウルゾングドで易しく接することができない領域だった。しかしこれからは一般人も易しく近付くことができるし、作ることができる大衆の領域になった。またA,B,C など匿名ではない大部分実名で書かれていてこれによる被害はスターたちがそっくりそのまま引き受けるようになった。ナ・ヨンソク、チョン・ユミ、チョ・ジョンソク、ヤン・ジオンなどは家庭があったり、作品活動に始動させている時点でイメージに大きい打撃を受けた。当事者だけではなく彼の家族たちと知人たちにまで衝撃を抱かれているのだ。大衆もこのような事態に非難の声を出している。”虚偽事実を流布した人々に力強い処罰をしなければならない”と言う意見が多い。今は ‘脾臓の時’が単純楽しさを超えた人格を侵害するというのに一声を出している。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735681.htm, 2018/10/19 00:00:03]