キム・チャンファン、イーストライト暴行傍助疑惑…’必ず罰を受けるのを’

2cq1ahB_o

メディアラインエンターテイメントキム・チャンファン会長とムンヤングであるPDが所属アーティストであるもっとイーストライトメンバーたちを常習的に暴行して脅迫を加えたという疑惑が申し立てられた中に、ネチズンたちの批判の声が大きくなっている。もっとイーストライトリーダーイソックチォルは19日ソウル鍾路区弁護士会館10階チョ・ヨンレホールで開かれた記者会見でメディアラインムンヤングであるPDから暴行当ぎり事実を暴露した。この日記者会見でイソックチォルは “約4年間メディアラインムンヤングであるPDから地下録音室、演習室、スタジオなどで尻を何回も常習的に当たり、家に行ってご両親に知らせれば殺すという脅迫も常習的に受けた”と明らかにした。彼の主張によればもっとイーストライトのベーシストと同時に実の弟(妹)であるイ・スンヒョンはスタジオで監禁にあった状態で尻、腕、太ももを50余順番そう頭が裂けて血豆が入った。現在イ・スンヒョンは幾多の脅迫と暴力によるトラウマで精神的治療を受けていることと伝わった。同時に彼は “お母さんが私の体に私は血豆と傷を見たにも私は脅迫に怖くて恐ろしくてこの事実をお母さんに申し上げることができなかった”とし “私たちのメンバーたちは持続的に暴行脅迫など児童虐待と人権染躪にあっていたが、加害者たちは訓育水準と言いながら脅迫を事として敢えてご両親にお話スリー地できなくて我慢して暮すしかなかった”と涙を流したりした。該当の消息を接したネチズンたちは批判の声を高めている。ネチズンたちは “児童暴力です。児童暴力。未成年者ですって”(wnwl****), “加害者及び傍助した人も全部拘束させなければなりません。第2の被害者が発生しないように完全に切り捨てるのが当たります”(bloo****), “がバンドメンバーたち皆ミソングニョンザドンデ…中学生の時から暴行あって来たことか…”(dlsk****), “悪い大人たち…犯した罪以上に必ず罰を受けるのを”(sea7****), “明白な児童虐待と同時に首を締めたのは殺人未遂感ではないんでしょうか?私が応援するバンドだが本当にあまりにも悔しいです。是非うちの子供達手伝ってください…希望多い六子供達が音楽をするために集まったことだけなのにこんなに無惨に踏み付けられたということはありえないことです”(ooj0****) などの否定的な反応を見せている。一方、去る18日もっとイーストライトが所属社メディアラインから暴行と脅迫にあったという主張が申し立てられた。マスコミ報道によるともっとイーストライトメンバーたちは約3年にわたってムンヤングであるPDに常習的に暴行にあったし、キム・チャンファン会長はこれを見逃したと知られた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735790.htm, 2018/10/20 00:00:05]