‘ポストメン’, ボックスオフィス1位…2位 ‘雄と雌肉である’・3位ベノム’

u1U2dhB_o

月着陸過程をいきいきとグリーン監督デイミオンショゼル新作 ‘ポストメン’が封切り二日間ボックスオフィス1位を記録した。20日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば映画 ‘ポストメン'(監督デイミオンショゼル)は前日観客8万5100人余り、累積観客15万8400余人を記録した。’ポストメン’は1969年アポロ11号話を描いた。誰も経験することができなかった世界に挑戦したアストロノートニール・アームストロング(ライアン・ゴズリングの方)の月着陸過程を年代記順序で盛った作品で、18日から観客に会っている。ライアン・ゴズリング、クレアポイなどが出演して活躍した。同期間 ‘雄と雌肉である’は観客7万3100人余り(累積観客315万8200人余り), ‘ベノム’は観客5万5300人余り(累積観客348万6500人余り), ‘ミスバック’は観客3万1800人余り(累積観客34万名余), ‘スター伊豆本’は観客1万1800人余り(累積観客22万2700人余り)を集めて ‘ポストメン’ 後を引き継いだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735813.htm, 2018/10/20 12:24:44]