“美ギャング脅迫まで”…’ビックピックチォペミルリ’ パク・チャンホ、’二段蹴り事件’ 回想

lDxXfhB_o

韓国人1号メジャーリーガーである前野球選手パク・チャンホが ‘二段蹴り事件’の顛末を公開した。パク・チャンホは20日午後6時25分放送されたSBS 芸能番組 ‘ビックピックチォペミルリ’に出演して去る1999年メジャーリーグ活動当時競技途中発生した乱闘劇後日談を打ち明けた。この日放送でチャ・インピョは “困難な質問なら返事しなくても良い”と “野球選手によく活動してから ‘二段蹴り事件’で大きい論難をもたらした。あの時悩み苦しまなかったのか”という質問をゾシムスロブゲドンジョッダ。LAドジャース所属当時パク・チャンホは1塁出塁の中自分をタグした相手チームアナハイムエンジェルス投手チームベル先と口げんかをしたあげく二段蹴りをした。パク・チャンホは “実は韓国の人々は1かけるよりトングクェヘした”と言いながらも “しかしその後脅迫をとてもたくさん受けた。アメリカギャングたちまで脅迫をした。脅迫手紙には ‘弾も避けることができるようにしよう’という内容まで書かれていた”と回想した。引き継いで “その後暗い所をよく行けなくなった。アメリカ人たちがすべて私を殺したがるようで対人忌避症も経験した”と告白して切ない心を催した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735839.htm, 2018/10/20 20:18:34]