“本当に熱愛説主人公になってみたい”

lQWRghB_o

俳優ソン・イェジン(36)は2001年ドラマ ‘おいしいプロポーズ’でデビューした。MBC 創社41周年特集ドラマで只今新人がミニシリーズデビュー作女主人公を務めた初作品だった。当時放送界では新人に ‘驪州’を与えなかった。それで長年の時間が去る今までもこの作品はソン・イェジンにはなすことができない象徴性を持っている。映画では ‘恋愛小説'(2002) ‘私の頭の中の消しゴム'(2004)を経って2005年 ‘外出’で好評を博して俳優としての存在感をあらわす。’外出’では20代中盤主婦の不倫感情を深みのあって穏かに描き出した。この映画でその年第50回アジア太平洋映画祭主演女優賞を受賞する。筆者との縁はそれから3年後の2008年、ソン・イェジンが映画 ‘妻が結婚した’で青竜映画賞主演女優賞を受けながらだ。キム・ジュヒョクと熱演したこの作品で可愛い外貌とあふれる愛嬌など ‘ソン・イェジンキャラクター’を確かに刻印させて主演女優賞候補に上がった。当時主催社大衆文化部長兼審査委員で参加した筆者は彼の愉快な延期に魅かれて不問曲直一票(トピョギョルとは授賞式直後マスコミに公開される)を投げた。以後彼がスクリーンスターでソネリョガンフィルモグラフィーは筆者が今更説明する必要もない位坦坦大路だ。デビュー後着実に屈曲ない作品活動をして来て多い後輩女優たちのロールモデルに言及されたりする。原動力はやっぱり演技力だ。さらにささいな雑音や論難、その有り勝ちなスキャンダル一番(回)なかったという事実がこれを裏付ける。2018年は俳優ソン・イェジンの日だったと言っても過言ではない。ドラマ ‘ご飯よく買ってくれるきれいなお姉さん’と映画 ‘今会いに行きます’ ‘交渉’ などスクリーンとテレビ劇場を出入りして縦横無尽した。特に映画 ‘交渉’は秋夕連休直後少少だが一歩遅れて逆走する呼応度得た。ニュースの中心に立った彼との単独対面インタビューが易しくなかったが、’義理の女神’ らしく阿洲ひとひさしぶりの出会い要請に喜んで応じた。ソンイェジンスロウン自信感の足だな。肯定イメージのソン・イェジンとのスペシャルインタビューは去る18日ソウル江南区シンサ洞のU カフェで1時間の間進行された。-今年も ‘ソン・イェジン’という俳優はひらひら飛んだ。ドラマと映画皆注目を引いたが自ら評価したら?結果が良くて本当に幸いです。ドラマでも映画でもふたを開く前まで常に緊張の連続じゃないでしょうか。映画は二篇皆去年撮影を終えた作品なのに今年重なって封切られるせいで尻馬に乗って忙しい一年になったです。’交渉’は好評にもかかわらず観客数で少し惜しくはあります。ソン・イェジンは今年の3月ソ・ジソブと呼吸した ‘今会いに行きます’で荒れ地に違いなかった忠武路ロマンスメローにたきつけた。260万観客が入った。JTBC ドラマ ‘ご飯よく買ってくれるきれいなお姉さん’は ‘恋愛時代’ 以後久しぶりに ‘ソン・イェジン表’ 纎細な延期が輝かしかった。ヒョンビン金サンホなどと呼吸した犯罪娯楽映画 ‘交渉’でやっぱり警察ハチェユン役を通すことなしに演技して俳優としての着るのはもちろん作品性まで認められた。-デビュー19年目だ。多様なジャンルを幅広く演技して屈曲ない演技者の道を歩いている。惜しい書き入れ時はないか?どうして惜しさがないです。ただそれほど映ったら私に見せてくれるペンブンドルの過分な愛と関心おかげさまです。私が表示とは違います。周辺では大ざっぱで大犯すると言ってくださるのに常に緊張の連続です。作品活動をする間だけは私の自ら紐をおかないでいつも厳格な基準と定規を守ろうと努力するんですよ。それを維持するのが毎度大変な苦痛です。多分生まれ変わったら俳優になることはあきらめそうです。-デビュー以後空白がほとんどなかった。たゆまぬ作品活動をするというのが決して易しくないことだ。運が良く初ボタンをよくクェッダで信じます。デビュー作から主人公を務めるというのがいくらすごいのか演技経験を積みながら徐々に分かるようになったんです。延期はするほど難しいという話はそれほど領域が細くなるという意味ではないでしょうか。チォルモルドン時代にはただ意欲と熱情だけでどんな重みでも耐える勇気が生じたようです。ソン・イェジンはデビュードラマ ‘おいしいプロポーズ'(2001年) 以後 ‘恋愛時代’を通じて女性視聴者たちにも拒否感がないイメージを植えた。映画 ‘私の頭の中の消しゴム’や ‘クラシック’ などのメローを経って ‘作業の定石’ ‘初恋’ ‘不気味な恋愛’でロコ象徴になり、’秘密はない’ ‘無防備’ ‘共犯’ などスリラーまでスペクトラムを広げた。-所属社と義理はよくうわさが立っている。芸能界速成で見れば20年近く同じ釜の飯を食って同苦同楽するというのがめったに珍しくないか?そうですね、私は義理やなんかこのようなこと考えなしにそのまま楽な方々と長く一緒にするほうが良いという注意です。キム・ミンスク代表様が女子高3年生の時私を抜擢し、芸能界に入門させた方だからある家族であるわけじゃないでしょうか。儒仏里を計算してもうちょっと良い条件を探して去れば、大変になって状況が変わった時はその反対の境遇にならないでしょうか。ソン・イェジンは美容室さえデビューした以来19年目みたいな所(清淡洞ジェニハウス)を利用する。これに対して所属社エムエスチームエンターテイメントキム・ミンスク代表は “芸能界で珍しい陣中して頼もしい俳優”と表現した。彼は “(手)予診だと言って他の所属社から誘惑を一番(回)も受けなかったか”とし “欲得よりは初審を失わないという姿を見て人間的共感台を濃く感じる”と言った。ソン・イェジンは19年の間ただ一度もスケジュールを破ったり時間を破ってみたことがないと言う。-デビュー直前当時女子高3年生身分でソウルを行き交って演技の勉強をしたと聞いた。今のキム・ミンスク代表様にお会いしたのは99年大邱浄化女子高時代です。子役ではちょっと遅れ、大人でも曖昧な年でした。当時には女子高生も子役で分類された時代じゃないですか。キム代表が “むしろ演技の勉強をちゃんともっと真書卒業後デビューしよう”と言いました。休みの毎に大邱からソウルで列車(セマウル号)に乗って行き交って演技指導を受けたが演技するという期待感に退屈な電車の旅さえ楽しかったんです。-映画 ‘交渉’で見せてくれた危機交渉チーム経緯ハチェユン役目は既存ロマンスまたはロコキャラクターとちょっと違った。ヒョンビンと呼吸はどうだったか?分かることのように実際顔を突き合わせて取ったことは最後のエンディングシンだけじゃないでしょうか。一ヶ月半分ほどセット撮影を一緒にしたが、大部分の場面がモニターを見ながら取る二元撮影だから常に別個の場所みたいな感じでした。シナリオを見る時は一体どう取るか憂わしい位だったんです。実際に撮影の時は生放送感じのように同時に進行されて緊張を緩めることはできなかったんです。撮影期間の中で食事はほとんど共にしたようです。’交渉’でソン・イェジンはどんな緊迫な状況の中にも沈着で冷徹に事件を解決し出すソウル地方警察庁危機交渉チーム所属交渉専担警察ハチェユン役を、ヒョンビンは史上最悪の人質劇を着ながらも余裕のあるように状況を観望するように見える警察庁ブラックリスト国際犯罪組織の武器密売業者民太で役を演技した。-2ヶ月ほど作品を取って見ればお互いに似ていたり他のスタイルが見えないか?相手俳優ヒョンビンとの校監も知りたい。撮影の時も感じたが、封切り日程つかまって全国で舞台挨拶通いながらヒョンビンさんの多くの魅力が分かるようになったんです。普段無口な方だがユーモアが多くて、あのだけだけなくて他人の話をよく聞き入れる方です。素敵な相手俳優と良い作品を愉快に取った記憶だけで感謝した心です。ソン・イェジンとヒョンビンは1982年生まれ犬年おない年だ。興行性と演技力をめいめいに取り揃えた30台おない年学ぶという事実だけで早目に話題だった。ふたつはメロー ‘恋人の間’ではない ‘敵’で代置する関係なのでもっと特別な出会いになった。”おない年でも丁寧でない言葉してみる機会がなかった”は彼は “他の作品では直接対面する延期を必ずやってみたい”と言った。-警察庁長の呼び出しを受けて特定場所に行きながら見せてくれたスーツ姿がかなりよく似合った。その間作品を通じて制服着た姿を見たことがないようだ。はい、鋭いですね。次第多様な役目をたくさんしたと信じたが今までは作品中でギョングチァルボックを着てみた記憶がないです。そういえば軍服や意思家運も着てみる事ができなかったです。制服がよく似合ったらこれからたびたび着ても良いようですね ㅋㅋ.ソン・イェジンは20代とはもう一つの ‘愛’ 話をスクリーンの中に持続的に描いて行きたい所望を仄めかした。年齢にふさわしい変化をきちんきちんととかし出すことができるのを希望した。軽いコメディー映画の主人公からキラーみたいな強烈なキャラクターを出入りしたいと言った。それとともに “まだ演技欲心があまりにも多くて”と自ら断定した。-今度映画 ‘交渉’は ‘国際市場’ エーディー出身であるイ・ジョンソク監督イブボングザック(デビュー作)だ。そうしてみれば特に新人監督と呼吸を合わせた作品が多かったようだ。わざわざそうではないのに多くの要素を計算して作品を決めてみるとあいにくそんな縁が生ずるんですよ。’私の頭の中の消しゴム’ ‘無防備都市’ ‘不気味な恋愛’ ‘共犯’ ‘白夜行’ ‘今会いに行きます’ などがそうです。有名な有名監督が失敗リスクを減らす安全弁である一方新人監督は熱情と斬新性が先立つんじゃないか。最近には監督がシナリオを大部分直接使う状況でもあって。-映画の話も良いが、この位真書個人身の上質問をちょっとしようと思う。どうしても未婚だから結婚の話を漏らすことができない。結婚の話さえ聞けば返事が貧乏たらしいです。常に夢見る目標のようなのに蜃気樓のように遠くなるようでですね。何の考えもなく仕事に没入して見るともう30代中盤を越しましたね。てんからしないことにしたら悩む理由がないが私は独身主義者ではないんですよ。まだ切迫しアンアソでしょうか?良い方会えばいつでもコールなのに四十肉の中には必ずしますよ、ヘッヘッ。-論難やスキャンダルに巻き込まれたことがほとんどなかったし特に有り勝ちな熱愛説にも引き分けたようだ。秘訣があるか?荒唐なうわさではあったが全然なかったのではないよ。俳優キム・ナムギルさんと映画 ‘海賊’とドラマ ‘鮫’で相次いで二編を取った後熱愛説につながったことなのにデートした番(回)してみたことがない熱愛説ははじめからではなくならないです。本当に熱愛説主人公になってみたいですね。ソン・イェジンは2013年KBS ドラマ ‘鮫’と映画 ‘海賊:海に行った山賊’に出演した後キム・ナムギルと熱愛説に滲んだ。両側所属社全部直ちに ‘誤報’と言いながら駁した。当時ソン・イェジン所属社エムエスチームは “二人は報道された記事に言及されたように公式的な撮影及び行事日程外に個人的な出会いを持ったことがない”と否認した。-これから本人が願っても願わなくてもいつのまにか中堅俳優になった。作品選定や作品に臨むどんな基準があるか?性格上仕事を控えれば間違いなしにやりこなすために自ら苛苛する方です。そして基準を決めておいたのではないが私の場合感じは確かに重要なようです。まず新しい配役ならもっと好奇心が発動します。もう一つは一緒に作業する間気配りしようと努力をたくさんする方です。年輪が積もりながら変わったのがあったらちょっと余裕のあられたと言うこともできます。良い作品で着実に評価を受けることができたらもっと望むのがないですね。-作品がない時期にはどうしているか?一人きりある時間が多そうだったのに私的空間の話をこっそりしてくれることができないか。作品が決まれば準備する期間から撮影まで、そして封切り日がつかまれば広報と舞台挨拶まで常に忙しい日々に持続するんじゃないか。ところで私は新しい作品を引き受ける前再充電する時間が重要なようです。心はちょっと余裕のあるがそれでも絶対余裕ないです。ソン・イェジンは一週間の中で4~5日は運動(ヘルス&ピルラテス), マッサージ2回、ヘアケアなど美容室訪問、その外本を読んだり映画観覧をしながら送ると言った。おいしい店を探して食事してお酒を飲みながらしゃべるメンバーたちとの校監も大事だ。コン・ヒョジンオム・ジウォンソン・ユナオ・ユナイ・ジョンヒョンイ・ミンジョンソン・イェジン、いわゆる ‘シンデレラー7′(女俳優親友クラブ、夜12時以前に別れるという意味で名づけ) の集まりだ。メンバー中ではイ・ミンジョンソン・イェジンが末っ子だ。たまには知人が住んでいる海外に泊まったりする。-女俳優に生きながらあつい人気のため不便な点もあるようだ。最後に惜しい点ももっと満たさなければならないのがあったら話してくれ。そのくらいは当然甘受しますよ。多くの方々に受ける愛を思えばこれを覆うのに十分であるんじゃないか。もっと満たそうと入れば欲心で、私は現在に大変満足します。ただ俳優としていつも緊張の紐を延ばさないで暮さなければならないという事実が負担であるだけです。毎度同じな感じそうに他のイメージの変身、何かを期待するようにする知りたい事を与える俳優でずっと見えたいんですよ。これもまた肯定マインドで受け入れれば楽になってください。ソン・イェジンの魅力は常に相変わらず吹き出す初恋みたいな感じだ。デビュー時代いきいきとするに日を繰り返えすほど完熟美を加えた。初審を維持すると言うのが言葉のように易しくはない。普通の30代女性姿と特に違わない気軽いことでテレビ劇場とスクリーンを皆捕らえたという点で驚くべきだ。名品俳優で生まれかわったソン・イェジンは筆者と必ず10年ぶりの対面インタビューにも不慣れな感じよりは相手を気配りする楽なことで親近感を加えた。相変らず明るいほほ笑みと謙遜さはそのままだった。出演する作品ごとに好評を博する秘訣は正しくこんな内面的深みでふかれる機運ではないかと思った。久しぶりに確認した特急俳優ソン・イェジンのスペシャルインタビューは始終愉快だった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735715.htm, 2018/10/21 00:00:01]