‘ボックミョンがワングワングバムパン’, 新 仮王登極…彼の本当の正体は?

Z8JbqhB_o

MBC ‘ボックミョンがワング’でまた一人の名品ボーカリストが登場して大衆の耳目が傾いている。彼の名前は ‘ワングバムパン’.ちょっと可愛いニックネーム(?)と相反する訴える力濃い音色と纎細な感情表現で視聴者たちの関心を一身に受けている。去る21日放送されたMBC 芸能番組 ‘ボックミョンがワング’でワングバムパンは歌手ソルジの5連勝を沮止して、新しい仮王席を占めた。その間5週連続仮王の席を守ったソルジは仮面を脱いで顔を公開した後、視聴者たちに感謝のあいさつを伝えて涙をこぼした。このなかにソルジの無限疾走を防いだワングバムパンに対する関心が大きくなっていること。ワングバムパンは1ラウンドからすごい関心を集めた。女心を刺激する男性的ながらも特有のハスキーすることが加味されたボイスで一座の感歎を催した。1ラウンド舞台でワングバムパンは展覧会の ‘夢の中で’を選曲した。安定的な発声と共に細密な感情表現を一ワングバムパンの舞台を見たチョ・ジャンヒョクは “平凡な模範生の姿で音を出す瞬間戦慄が出るスペシャルすることを持っている”と誉めた。二番目舞台では歌手イム・ジェボムの ‘告解’を歌った。男たちのカラオケ禁止曲1位(?) 曲である ‘告解’を選曲したことに対して出演陣たちは恐れを示したりした。しかしこのような憂慮は杞憂に過ぎなかった。パワフルながらも纎細な彼の歌は視聴者たちの視聴者たちにとって深い余韻を残した。歌を聞いた輪状は “歌技術者だ”とし “妬ましい”と誉めたり。シム・ボンソンは “及んだようだ。ワングバムパンの虜になった”と言って現場を笑い海で作った。5週連続仮王席を守ったソルジの独走を防いだ彼が今後のどんな風変りな舞台で大衆の目と耳をぜいたくな暮らしをさせるか期待を集めている。これと共にワングバムパンの正体に対しても多い耳目が傾いている。一番有力に挙論されている人物は歌手キム・ヨンジン。’ボックミョンがワング’ ギャラリーはもちろん多数のオンラインサイトなどでは有力人物でキム・ヨンジンが言及されている状況だ。多数のネチズンたちはワングバムパンの音色がキム・ヨンジンと類似するという理由で新しい仮王の主人公で推測している。一方、去る2007年 ‘Soul mate’ アルバムで歌謡界正式デビューしたキム・ヨンジンはSBS ドラマ ‘春の日’ OSTである ‘春の日’で多い愛を受けたことがある。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735918.htm, 2018/10/22 14:18:27]