‘リターン’ ジュ・ドンミンPDXキム・スンオク作家の ‘皇后の品格’…どうかな?

5m9hqhB_o

SBS 新水木ドラマ ‘皇后の品格’が来る11月ベールを脱ぐ。このなかにドラマ ‘リターン’ 事態の中心にいたジュ・ドンミンPDと大引けドラマで視聴率神話を作ったキム・スンオク作家が会って関心を集める。今度作品のメガホンを取った株PDは去る2月 ‘リターン’ 撮影中断事態という危機にあって多くの人々に名前を知らせた。当時製作陣は主演俳優コ・ヒョンジョンと葛藤をもたらし、その葛藤を乗り越えることができなくて撮影が中断された。以後主演俳優がパク・ジンヒに交替されながらドラマは無事に終わったが株PDは各種ルーマーと当て推量から脱することができなかった。そんな彼が約8ヶ月ぶりにキム・スンオク作家と手を握ってまたテレビ劇場に帰って来る。キム作家は ‘お姉さんは生きている’ ‘私の娘、金四月’ ‘来た!買い物しようぞ’ ‘妻の誘惑’ などでヒットをしたスター作家だ。去年SBSで ‘お姉さんは生きている’で希代の悪女を多くの人誕生させた張本人でもある。今度作品にも盛りだくさんのキャラクターが登場する中にキム・スンオク切符悪役に対する期待感が高くなっている。’皇后の品格’にはジャン・ナラ、チェ・ジンヒョク、シン・ソンロク、イエリーなのなどがっちりしている演技力を持った人々が出演する。このなかに債務問題を抱いているシン・ウンギョンも出演消息を知らせて多くの人々の耳目が集中されている状況。何人の論難を持っている ‘皇后の品格’がどんな姿を視聴者に披露するか関心事だ。一方 ‘皇后の品格’ 側は去る19日切ない消息を伝えた。劇の中で皇帝イ・ヒョック(シン・ソンロクの方)の利き腕と同時に腹心である馬匹株役で ‘歴代級’ 悪役演技を予告したキム・ジョンテが肝臓癌判定を受けて下車したこと。この役目は ‘ミスターションシャである’で油ですよ役で活躍したユン株だけが後なので合流する。’胸部外科’ 後続に放送される ‘皇后の品格’はある日急にシンデレラーになって皇帝に婚家に入った明朗溌剌ミュージカル俳優が弓衣絶対権力と対立して戦っている途中大王大妃殺人事件をきっかけで皇室を崩して真正な愛と幸せを探す話を盛り込む。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735916.htm, 2018/10/22 14:43:52]