‘合コン’ 芸能の真正性?…’ソンダバング2′, リアリティーの断面②

fwJiohB_o

‘恋愛’は大多数の関心事だ。視聴者が恋愛を扱うプログラムを通じて代りに満足をすることは当然之事だ。その間この素材を扱ったリアリティープログラムが多くあったが、ケーブルチャンネルtvN ‘ソンダバング’には “他のプログラムと違う”と言う好評が支配的だった。’ソンダバング’がシーズン2に帰って来ることができたことにはこのプログラムだけの特別な魅力があるからだった。今春一般人合コンプログラムが視聴者の心をときめくようにして熱風を駆って来た。青春男女の変わった恋愛官、最近芸能トレンドである ‘観察’と ‘リアリティー’を組み合わせて視聴者の心を命中した。総合編成チャンネルチャンネルA ‘ハートシグナル’, SBS ‘ロマンスパッケージ’の出演陣が抜群な外貌に ‘故スペック’を誇るいわゆる ‘いけてる子’ ‘エリート娘’の ‘切り’を描いたら、’ソンダバング’は私たちの周辺で易しく見る数あり得る平凡な出演陣の話で共感台を刺激したという評価がつながった。視聴者たちは ‘ソンダバング’の最大の魅力で口をそろえて言って ‘親しさ’と ‘真正性’を指折る。2040 世代の間では “私もソンダバング申し込もうか?”という対話を易しく聞くことができる。多数に ‘ソンダバング’ 出演陣の話が ‘私の話’で感じられるという反証だ。また自分のような平凡な人物たちが公平な機会、申し込みを通じて出演するという点で何となく連帯意識を持つ人々が多かった。増えた最近多数読者たちから “‘ソンダバング2’ 出演提議を受けた”と言う情報提供を受けた。取材結果 ‘ソンダバング2’の出演者渉外方法はインスタグラムなどSNS(社会関係網サービス), インターネットコミュニティ、対面など多様だった。視聴者の惜しい心、あるいはむなしさを催す書き入れ時だ。’ソンダバング’は ‘平凡な男女’の口を通じる最近若者達の恋愛官と関心事、彼らのささいな間違いなどを描きながら見る早い自然に没入するようにした。利敵ユ・インナヤン・セヒョンユン泊など君のスターの暖かい恋愛助言も輝かしかった。友達の合コンをうかがうような構成も魅力的だ。しかしリアリティープログラム、平凡な青春男女のお見合いを描くというフォーマットを標榜しながら作為的な渉外でプログラムを立てたという点は視聴者に大きい失望感を抱かれた。’私たちの話’だから愛情を見せたが分かってみればこれももう一つの意味の ‘彼らばかりのリーグ’であったことだ。ハ・ジェグン文化評論家は “‘真正性’ おかげさまで ‘ソンダバング’が人気を呼んだ。’恋愛’という素材は普遍的な関心事だ。そうだから過去にも多数恋愛プログラムがあり、そのプログラムは真正性欠如面で指摘を受けながら人気を失ったりした”とし “真正性に新鮮な感じを受けて共感して、感情移入をしたことなのに分かってみれば製作陣の演出が大きく介入されたと言えば当然失望感がするしかない”と現反応を評価した。引き継いで “芸能プログラムと言う(のは)基本的に演出陣の企画課介入が入って行くしかない。そうだから ‘本当’という幻想を持つこと自体に無理な側面がある。すぎるほど没入するよりはいつも距離を置いて冷情に眺めるのが視聴者の正しい姿勢”と指摘した。連れて “しかし ‘恋愛’というのが普遍的な関心事だから視聴者ががっかりすれば消えたとしてもまた同じな素材のプログラムができる。こんなパターンが大禍回るように繰り返すこと”と見込んだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735885.htm, 2018/10/22 06:30:05]