平凡男女のロマン ‘ソンダバング’, 渉外システム分かってみれば①

VFIiohB_o

凉しい秋願うことがわき腹を冷えるようにする最近、ケーブルチャンネルtvN ‘ソンダバング’が ‘ソンダバング-秋冬便(以下 ‘ソンダバング2’)’という名前に帰って来てもう一度視聴者の心にたきつけている。平凡男女のお見合い、’切り’を描くという点、’親しさ’と ‘真正性’を立てて視聴者の共感台を刺激した ‘ソンダバング2’が事実は他の合コンプログラムと別儀ではない渉外システムで出演陣を募集したという事実が現われて少なくない失望の目つきが出ている。去年の春からひたすら本当の愛のために出演を待って来た一般人出演者がいよいよ ‘ソンダバング’に入って来る。去るシーズンと同じく ‘ソンダバング – 秋冬便’の主人公は断然お見合いを申し込んだ一般人お見合い男女。周りでよく見られる一名 ‘会社の同僚’, ‘学校先輩’など平凡な出演者が出演することに予定された。だから他のプログラムと見直す自然な、日のそのままの出会いが描かれる計画。新しい縁を作って行く第一歩からお互いを分かって行く過程、ここに分かるように分からないような男女の対話が視聴者たちにときめくことと震えることをプレゼントするようだ。- ‘ソンダバング2’ 報道資料 中’ソンダバング2’は利敵ユ・インナヤン・セヒョンユン泊など君のスターカフェ知己たちが対立した専門カフェを運営して、一般人のお見合いをうかがって最近時代愛官と恋愛官そして生に対して話すプログラムだ。報道資料の “主人公は断然お見合いを申し込んだ一般人対立した男女”という部分はすべての出演陣がお見合いに対する熱烈な意志で、そして他意的なのではない自発的な申し込みに出演したような感じを持つようにする。しかし増えた最近多数読者たちから “‘ソンダバング2’ 出演提議を受けた”と言う情報提供を受けた。取材結果 ‘ソンダバング2’の出演者渉外方法はインスタグラムなどSNS(社会関係網サービス), インターネットコミュニティ、対面など多様だった。渉外対象者の職業は一般会社員から公務員、財務設計士、ペンション運営者など多様だったし好感型外貌の人物たちが大部分だった。’ソンダバング’ 愛聴者と明らかにした警察公務員A さんは “勤務をした中近くで ‘ソンダバング2’ 撮影があって嬉しい心にじっと眺めていた。ところで一作家粉餌来たら ‘職業も良いのにうちのプログラム出演してみなさい。彼女あっても構わない。ハンサムならば良い’と言っていたよ”と回想して荒唐そうに笑った。A さんは “楽しんでみたプログラムだったが実はこういう式で渉外が進行されたなんて失望だった”とやや苦い心を隠すことができなかった。15日放送ではいわゆる ‘バツイチ(帰って来たシングル、離婚男女)’ 出演者の対立した内容が控え目に描かれて視聴者に胸を打った。彼らの勇気と真率な話は見る人々に大きい響きを残した。しかし彼らの出演がイッギカジにも製作陣は忙しく渉外に臨んだ。’バツイチ’ 申請者のためのマッチングではなく ‘バツイチ’ コンセプトのための ‘バツイチ’ 渉外が進行されたという話だ。たいてい ‘バツイチ’ コミュニティ会員B さんは ‘ソンダバング2’ 作家から渉外関連メッセージを受けてコミュニティに公開した。すると作家から “文を消してくれ”と言う要請を受けたと言った。B さんは “私に消してくれと言う文とともに ‘(渉外を) 個人的に要請した’と言う言い訳をメールでまたくださった”と明らかにした。チェ・ソンユンPDはシーズン1 製作発表会当時 “(他の合コンプログラムに) 善男善女と故スペック者たちが出たことを見ながらどうして一般人は出ないかと思いながら企てた。周辺で簡単に見られる友達、弟(妹), 先輩たちがいくらでも出ることができる恋愛プログラム”と説明した。今度シーズン2 初放送をする前にもプログラム側は “去るシーズンと同じく主人公は断然お見合いを申し込んだ一般人お見合い男女”と “平凡な出演者が出演することに予定された。他のプログラムと見直す自然な日のそのままの出会いが描かれる計画”と広報した。最初企画意図、広報内容と違う歩みを集めている ‘ソンダバング2’だ。これに対して ‘ソンダバング2’ 関係者は “主旨は申請者たちを対象にお見合いを進行すること”だと言いながらも “シーズン1, シーズン2 皆製作陣が別に渉外は進行することと分かっている。実際出演者の中申請者と渉外者の割合はどの位なるかは分かりにくい”と言った。この関係者は “渉外が進行されると言ってすべて出演までつながることではない。渉外はあるが、他のプログラムのように放送進出や広報の目的を持って出るツルヨンザブンドルは全然ない”と ‘ソンダバング2’の差別性に対して控え目に付け加えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735886.htm, 2018/10/22 06:29:58]