‘流布’・’草の葉っぱ’・’完璧な他人’, 10月末封切り映画

QTN6phB_o

肌寒い風が吹きながら晩秋の趣を満喫するようにする10月末、映画館通りを尋ねる三つの映画が視線を集める。ヒョンビンチャン・ドンゴン主演 ‘流布’, キム・ミンヒ主演 ‘草の葉っぱ’, ユ・ヘジンチョ・ジンウング主演 ‘完璧な他人’の話だ。街 ‘流布’ ‘草の葉っぱ’ ‘完璧な他人’の感想ポイントを整理した。◆ ヒョンビンとチャン・ドンゴン、アクションと笑い ‘流布’ ‘流布'(監督キム・ソンフン・製作李陽フィルム映画社このウィンドウ)は買った者も死亡者でもない ‘ヤグィ’が流布した世の中、危機の朝鮮に帰って来た王子イチォング(ヒョンビンの方)と朝鮮を飲み下そうとするゾルデアックギムザズン(チャン・ドンゴンの方)の血闘を描いたアクション作品だ。25日封切りを控えている。’共助’で約781万観客を集めたキム・ソンフン監督と俳優ヒョンビンの再会で関心を集める。また国内トップ美男俳優に数えられるヒョンビンとチャン・ドンゴンの出会いという点で期待を加える。韓国版 ‘ゾンビ’と説明することができる ‘ヤグィ’という素材が人目を引く。’流布’ 製作陣は朝鮮時代人々の身の丈と歯牙状態、変異される過程での肌変化まで考慮した特殊メークで臨場感あふれるヤグィを作り出したという裏話だ。いっしょに動感あるヤグィを作るために動き一つにも心血を注いだ。キム・ソンフン監督は去る17日開かれたマスコミ配給試写会後記者懇談会で “アクションがある娯楽物映画を作るのが好きだからグァンゲックブンドルが軽くて楽しい心で楽しむことができたら良いだろう”と明らかにした。◆ ホン・サンス監督・キム・ミンヒ五番目呼吸 ‘草の葉っぱ’ホン・サンス監督新作と同時に22番目長編映画 ‘草の葉っぱ'(監督ホン・サンス・製作映画製作田園社)が25日から観客に会う。’草の葉っぱ’は路地の中コーヒー集で対話を交わす人々、彼らを観察して考えを記録する女抱え(キム・ミンヒの方)の話を描いた。白黒映画であり、作品には日常的な対話、愛、死などの話がずっとつながる。映画はスキャンダルで連日まな板に上がったホン・サンス監督と俳優キム・ミンヒの五番目呼吸という点で製作の前から世間の耳目を集中させた。登場人物たちの対話を観察するキム・ミンヒの演技が印象深い。ジョン・ジンヨンのキム・ミンヒに向けてこぼして置く “とてもきれいだ。非凡だ” などの褒め言葉は監督の視線を感じらせるようだ。◆ 携帯電話の中誰もの秘密 ‘完璧な他人’俳優ユ・ヘジンチョ・ジンウングイ・ソジンヨム・ジョンアキム・ジスソン・ハユンなど名うての俳優たちが大挙出演する映画 ‘完璧な他人'(監督イ・ジェギュ・製作フィルムモンスター)が31日から映画館通りを尋ねる。イタリアコメディー映画 ‘パーフェクトストレーン誌'(監督パオルでゼノーベゼ)をリメークした。’完璧な他人’は完璧に見えるカップルの集まりで限定された時間の間携帯電話で来る電話文字などを強制で公開しなければならないゲームのため起る予測不可能話を描く。長年の友達がお互いの携帯電話を公開しながらまだ想像することができなかった秘密が明らかになる内容を記した。イ・ジェギュ監督は去る16日開かれたマスコミ配給試写会で “我が国はどの国よりメディアが発達されたようだ。スマートフォンなしに生きて行くことができない世の中になった。一番近い話で一番こっけいな話をしたかった”とし “観客たちが映画を見ながら生を反芻して慰労受けてほしかった”と企画意図を説明した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735899.htm, 2018/10/22 13:58:21]