EXID ブラシだ、’ボックミョンがワング’で歌手人生2幕手始め

6udhphB_o

2016年12月、甲状腺機能航進証ですべての活動を中断したグループEXIDのソルジがMBC 芸能番組 ‘ボックミョンがワング’で成功的な復帰をした。2年の空白期があったが、時間は顔負けだった。ソルジはいっそうもっと向上した実力を威張って歌手人生2幕を予告した。ソルジは21日放送された ‘ボックミョンがワング’で ‘ドングマックゴール少女’に出演して6連勝をおさめた。彼は “復帰をしなければならないうえに何にあいさつするほうが良いか考えをたくさんした”とくちを切った。引き継いで “‘ボックミョンがワング’で多い愛を初めて受けるようになったからこれであいさつさせていただこうと舞台に立った”とし “思いもよらなく仮王になることができてとても幸せで感謝した”と付け加えた。約2年ぶりの舞台に上がったソルジは感激的そうに結局涙を流した。去る7月EXID 所属社バナナカルチュアエンターテイメントは “ソルジが最近日本で発売される ‘上下’ アルバム作業に参加した”と彼の復帰消息を伝えた。ブラシだやっぱりVライブ ‘ソルジのボイスシーズン2’ 放送で直接 “航進証のホルモン数値が正常に帰って来た”とし “再発危険性がのちほどで言うが全快された”と言った。ソルジは2016年12月甲状腺機能航進証確診を受けた。当時所属社は “ソルジが発熱、眼球突き出など多くの症状を見せたしファンみなさんに心配をおかけしないために直ちに精密検診を受け、最終的に確診を受けた”と明らかにした。引き継いで “当社はソルジの健康回復が最優先と判断した”とし “ソルジは休息を取って治療にだけ邁進すること”と言った。以後ソルジは早い復帰のためにたゆまぬ治療を受けた。所属社も持続的にソルジの状態と回復経過をファンに伝えた。一刻では彼の闘病消息にグループで抜けるのではないかと言う恐れもあったがソルジはEXID アルバムとけるに参加してVライブを通じてファンと疏通するなどファンの心配を減らした。ソルジは今年の下半期を基点で国内外を行き交って本格的な活動を広げる予定だ。EXIDも久しぶりに5人ワンゾンチェの姿を見られることに期待される。所属社側は “EXIDは遅くても今年の内に新しいアルバムで国内活動を再開する計画”と言った。’ボックミョンがワング’で成功的な復帰舞台を終えたソルジは今日(22日) 午後6時30分ソウルコチョクスカイドムで開かれるネクセンヒーローズとハンファイグルスの ‘2018 シンハン銀行MYCAR KBO ポストシーズン’ 準プレーオフ3次戦に始球者に招請された。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735898.htm, 2018/10/22 10:29:58]