ベール脱いだアイズ院、三番目ジャックポット可能なの?

dLnRuhB_o

‘プロデュース’ シリーズが掘り出した三番目アイドル、ガール・グループアイズ院(IZ*ONEメンバーチャン・ウォンヨン、宮脇咲良、チョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジン、ヤブキ私と、権隠庇、カン・ヒェウォン、ホンダヒトミ、キム・チェウォン、キム・ミンズ、イ・チェヨン)がデビューアルバムトラックリストを公開して本格的なデビュー準備に出た。IO子供、ワーナー院に引き継いだ三番目プロジェクトアイドルアイズ院だ。デビューと同時に歌謡界を平定したきら星みたいな先輩たちの名声に付いて彼らも歌謡界に一線を引くことができるか。格別の期待と関心が集められている。23日アイズ院の広報を引き受けたエイチエンエスエイチキュは彼らのデビューアルバム ‘カラーライズ'(COLOR*IZ)のトラックリストを公開した。公開されたトラックリストによれば ‘カラーライズ'(COLOR*IZ)の砲門を開く1番(回)トラックは ‘美しい色’だ。これを始まりにO’My!(五’ マイ!), ‘ラビアングロズ'(La Vie en Rose), ‘秘密の時間’, ‘これからどうぞよろしく’ (IZ*ONE ver.), ‘惚れてしまうんじゃないの?'(好きになっちゃうだろう?)(IZ*ONE ver.), ‘夢を見るうちに'(IZ*ONE ver.), ただCDでばかり聞くことができるボーナストラック ‘出すの'(IZ*ONE ver.)’で構成された。今度アルバムは新曲と ‘プロデュース48’ 競演9曲をアイズ院バージョンに再編した合計8個トラックだ。この中タイトル曲は3番(回)トラックイン ‘ラビアングロズ'(La Vie en Rose)だ。フランス語で ‘ばら色人生’という意味を持っている。タイトル曲はもう期待を集める。初めて公開するコンセプトであるだけに今後のアイズ院の芳香性と色などを決めることもできるから。先立って ‘プロデュース48’を通じて認知度と実力などを検証受けたアイズ院メンバーたちだ。何より国民プロデューサーの投票でデビューしたということは最大の人気の尺度に違いない。しかし去る ‘プロデュース101’ シーズン1と ‘プロデュース101’ シーズン2と違い ‘プロデュース48’を通じて歌謡界にデビューするアイズ院を憂慮する視線で眺める人々も少なくない。初めて試みた韓日両国のグローバルガール・グループコーラボレーションで発生する多様な雑音、文化的差、k-popとゼイパブコンセプトの間隙などがその理由。何より去る二シーズンより視聴率が低調だった ‘プロデュース48’だから先立ったIO子供、ワーナー院のような爆発的な人気を呼ぶことができるかも関心事だ。韓日両国メンバーたちの異質的なイメージもチームで活動した時芳香性を取りにくでありなさいという意見も少なくない。とにかく、アイズ院がデビュー秒読みに突入した。来る29日午後6時、アイズ院の一番目ミニアルバム ‘カラーライズ’は各種オンライン音源サイトを通じて発売される予定でオフラインアルバムはオンラインアルバムサイトで予約購買することができる。アルバムリリース直後の29日午後8時からはソウルオリンピック公園オリンピックホールでデビュー記念ショコンを開催する。エムネットが作ったグローバルガール・グループアイズ院のデビュー、先輩たちに付いて最高の人気を謳歌するアイドルが誕生するか人々の目と耳が集中されている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735994.htm, 2018/10/23 09:25:35]