寒士と、大鐘賞映画祭代理受賞論難 “頼まれただけ”

zbFqwhB_o

歌手ハン愛が第55回大鐘賞映画祭で龍一私邸モットーの代理受賞者に登場して論難をもたらした。彼がどんな縁に舞台にオルラッナに対する関心が集まった中に寒士とは “韓国映画人総連合会ある幹部の電話に出て舞台に上がった”と明らかにした。寒士とは23日イーデイリーとインタビューで “大宗賞を主催した韓国映画人総連合会ある幹部がある日電話来たら ‘大宗賞授賞式があるが、代理受賞をしてくれることができるのか’は頼まれてするようになった”と説明した。引き続き彼は “気が向かなかったが放送パンクの私をのが心配になって当日授賞式場に行き、指定された座席に座った”とし “以後音楽賞授賞時間になり、’私の手順だね’ と思ってて上がったこと”と当時状況を伝えた。寒士とは受賞したトロフィーに対して “分かるお姉さんに任せてトイレを行って来たがお姉さんが ‘どんな女の方二人が来てトロフィーを出しなさい’ するから ‘与えた’と言った”とし “どうしても映画 ‘南漢山城’ 関係者ではないか”と言った。龍一私邸モットーのトロフィーは ‘南漢山城’ 製作社側が回収したと知られた。去る22日ソウル光化門セゾン文化会館大劇場では第55回大鐘賞映画祭が開かれた。この日龍一私邸モットー監督は ‘南漢山城’で音楽賞を受賞することに予定されていたがスケジュールに不参した。代わりにトロット歌手ハン愛がふと舞台の上に入った。’大宗賞’ 中継カメラは最初代理受賞に予定されていた ‘南漢山城’ 製作社関係者を取ったが舞台に上がった人はトロット歌手ハン愛だった。’南漢山城’の関係者はこの姿に荒てたようにまた席に帰り、寒士とは “トロット歌手”と言いながら自分を紹介して舞台で降りた。以後撮影賞代理受賞のためにもう一度舞台に上がった ‘南漢山城’ 関係者は “さっきも音楽賞をつけようぞ受賞しようと思ったがコミュニケーションが円滑ではなかったようだ”と言いながら戸惑いをあらわした。今度代理受賞論難は組織委と主催側間の混線から始まったようだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736044.htm, 2018/10/23 15:51:02]