“懐かしいです”…1週期控えて 故 キム・ジュヒョク、’大宗賞’ 特別賞

F7sWuhB_o

不意の事故で世を去った学んで(故) キム・ジュヒョクが第55回大宗賞映画祭で助演男優賞と特別賞を受賞した。1週期を一週間控えて受けた賞だから多い映画人と観客を解けなくした。22日午後ソウルセゾン文化会館で第55回大鐘賞映画祭が開かれた。キム・ジュヒョクは遺作である ‘毒箭'(監督イ・ヘヨン)で助演男優賞を受賞した。’毒箭’で彼は中国麻薬上濃いハリム役を務めて破格的な演技を広げた。キム・ジュヒョクの ‘人生キャラクター’でも数えられるほど多くの人々に深い印象を残した。商銀故人の所属社ナムアクターズキムソクジュン常務が代わりに受けた。キム常務は “来週ならもう (キム・ジュヒョクが世を去ってから) 1年がすべてなった。普段思いやりが多かった友達だと一緒にした多くの方に感謝のお話を伝えたようだ”とし “この商銀よく伝える”と言った。今度助演男優賞は去年 ‘もっとソウルオウォズ’に引き続き二番目だ。当時 ‘共助’で生涯初助演男優賞を受けたキム・ジュヒョクは “演技生活20年ぶりなのに映画で上を初めて受ける”と言ったことがある。キム・ジュヒョクは特別賞も受けた。元老俳優シン・ヨンギュンは “キム・ジュヒョク君はお父さんキム・ムセンさん、キム・ムセンはとても趣があるように演技が上手な学ぶ。その人もあまり早く世を去った。本当に胸が痛かったが息子キム・ジュヒョク君も早く行った”と切ない心を伝えた。引き継いで “本当に立派な演技者になることができる俳優なのにあまり早く行って胸が痛むように思う。しかし映画が好きでキム・ジュヒョクが好きな人々が大宗賞特別賞を与えるから嬉しい心で受けると思う。この賞を受けて天堂でお父さんと一緒に楽によくあってほしい”と言った。大宗賞MC シン・ヒョンジュンは “こういう時ならキム・ジュヒョクさんが見たい”と彼に向けた懐かしさをあらわした。キム・ジュヒョクは去年10月30日ソウル江南区サンスン洞永同どおりのあるアパート正門近所で自分のベンツスポーツユーティリティビークル(SUV)を運転した中グレンジャー車を追突した後引導で突進、アパート壁面にぶつかった後前途された。以後キム・ジュヒョクの乗った車は追突事故以後そばの建物階段の下に落ちて転覆したまま直ちに火事が発生した。以後隣近建国大病院に後送されたが死亡した。所属社ナムアクターズは来る30日ソウル江南某所で1週期追慕会を開く予定だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735999.htm, 2018/10/23 09:46:04]