‘時間が止まった君’ キム・ヒョンジュン、再起可能だか

sbkzwhB_o

“過去4年間多いことがありました。ある言葉でお詫びと容赦の申し上げるか分からないです。もうちょっと人らしい姿で報います。”歌手兼俳優キム・ヒョンジュン(32)が復帰秒読みに突入した。KBS W 水木ドラマ ‘時間が止まるあの時’の主演俳優を務めてもう一度 ‘俳優キム・ヒョンジュン’を大衆にアッピールしようと心機一転した。しかし彼を眺める国内ファンの反応は相変らず冷ややかでばかりした状況。大衆の冷たい視線と ‘よくしなければならない’と言う負担が隋伴される復帰であるしかない。キム・ヒョンジュンは今度作品をきっかけで ‘災い転じて福となす’の反転ドラマを使うことができるか。23日午後2時、ソウル永登浦区永登浦タイムスクエアアーマーリースホールではW 水木ドラマ ‘時間が止まるあの時’の製作発表会が開かれた。この日席にはグァックボングチォルPDを含めて俳優キム・ヒョンジュンアン・ジヒョンイン・ギョジンイム・ハリョン株石胎が参加した。来る24日初めて放送される ‘時間が止まるあの時’は時間を止める能力者である準優(キム・ヒョンジュンの方)が柄だけ甲寅建築主仙娥(アン・ジヒョンの方)に会いながら真正な生の意味を尋ねるファンタジーロマンス物だ。この日誰より熱い関心を受けたこれは準優逆意キム・ヒョンジュンだ。それもそのはずなのがKBS2 ‘感激時代:投資信託の誕生’ 以後キム・ヒョンジュンが4年ぶりに選択した復帰作だった。同時に彼を取り囲んだ ‘大変’が終わった後初めて公式石像に姿をあらわした席だったからだ。キム・ヒョンジュンはちょっと硬直された表情でマイクを握った。彼は “率直に過去4年間多いことがあった。多くの方々に心配と心配をおかけした。ある言葉でお詫びと容赦の申し上げるか分からない”とし “それでも延期と音楽で報いるという話よりは人生を生きながらもうちょっと人らしい姿で報いる”と言った。彼は引き続き “4年ぶりに現場に帰って来たら胸のときめき半分恐ろしくした。私がよくやりこなすことができるかと思う気がした。一応現場へ行って現場感を感じてみようと思った。辞書製作というの自体が私にはメリットがあった。機会の幅がもうちょっと広くないか。現場でたくさん驚いた”と変わったドラマ製作雰囲気に対して言及したりした。キム・ヒョンジュンは “しかもよく出なくて ‘私が本当に失敗した生だろう’ 非常に悩んだ”とし “‘どのようにすればまた幸せになることができるか’と思う悩みをした渦中に横にいらっしゃるイン・ギョジン先輩を偶然に会って良い音をたくさん聞いた”と延期をまた始めるようになったきっかけを打ち明けたりした。彼はまた “その時でファンが ‘力を出してください、現代重さん’と言うのが聞こえ始めた。私が一人で悩んで解決される問題ではないと思うようになった”と付け加えた。これからは延期、歌選り分けないで皆挑戦するつもりだと。鋭敏な質問だが、子供に関する質問も避けることはできなかった。ここにキム・ヒョンジュンは “ドラマ広報をする席なのに質問がこんな方だけで行って他の俳優たちに申し訳ない心”と言いながら首を下げた。彼はまた “子供を見られない立場(入場)だ。ボール機会があるのでもなくて状況がこれで何が当たるのか私も率直に分からない。どうしたといっても自分の位置では最善をつくさなければならないと思う”とし “子供のために私が差し上げることができる言葉はこれしかない。その子供に傷になることができる馬だから言葉を惜しみたい。今は見られない状態だから”と言葉を惜しんだ。先立ってキム・ヒョンジュンは2014年前彼女チェさんとの葛藤が始まって論難の中心に立った。彼女チェさんを暴行したということと姙娠を取り囲んだ16億ウォン損害賠償が問題の争点だった。彼を取り囲んだ疑いは二つだった。一つはチェさん暴行疑いだったしまた他の一つは姙娠を取り囲んだ16億ウォン損害賠償訴訟だった。暴行事件は相手の告訴取下げで易しく仕上げされるようだったが、問題は実子確認訴訟。結局、チェさんの生んだ子供はキム・ヒョンジュンの親子で明らかになった。そして退屈につながった訴訟あげくキム・ヒョンジュンに残ったことは芸能人として致命的なイメージ毀損だけだった。キム・ヒョンジュンは製作報告会の間真正性ある態度で返事を一つ一つ引き続いたが、相変らず大衆の反応は冷い。ネチズンたち大部分は過去の衝撃的な事件が相変らず記憶の中にひしと残っているという意見だ。彼の出演自体を理解することができない人々も易しくなく捜してみることができる。キム・ヒョンジュンが大衆の冷たい反応を乗り越えてもう一度再起を狙うことができるか。力強い過去の事件を忘れるに値する、それよりもっと力強い ‘漢方’がいつより切実な時だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736051.htm, 2018/10/23 16:24:49]