‘飲酒運転三振アウト’ 号と言う(のは), 明日(24日) 音源発表…冷ややかな反応

zKUVwhB_o

“一番(回)は間違いというが、三度は…”三度の ‘飲酒運転論難’で大衆に大きい失望感を抱かれた混成グループクラジクワイメンバーホランのカムバック消息が伝わった。この消息を接したネチズンたちの反応は冷ややかでばかりする。ホランの所属社フルクサスミュージックは最近公式SNSに “来る24日ホランの新しいシングル ‘望みます’が公開されます。多いストリーミング願います”という内容の文とともに新曲 ‘バーです’のティーザー映像をあげた。公開された映像の中ホランは赤いドレスを着てスタンディングマイクの前で “始めることができないうちのの間だと言っても”という家事を歌っている姿だ。ホランの今度カムバックは去る2016年9月飲酒運転論難以後約2年ぶりだ。このような消息が伝わるとネチズンたちは否定的な反応を見せている。多数のネチズンたちは “飲酒運転三振アウト以後自粛期間がとても短いのではないか”と批判の声を高めている。先立ってホランはすべて三度の飲酒運転で大衆に大きい失望感を抱かれたことがある。彼は去る2004年と2007年に飲酒運転で摘発されたことがあり、以後2016年にもう一度飲酒運転を起こして社会的物議をもたらした。三番目飲酒運転摘発当時ホランは “多くの方々に失望と怒りを引き起こした私の今度行動に対して心より深く後悔して反省する”と首を下げた。ホランが今度シングルアルバムで大衆の心を回すことができるか帰趨が注目される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736073.htm, 2018/10/23 17:56:29]