‘お酒インタビュー論難’ キム・ジスとユン・ジェムン、偶然か必至か

xmbuAhB_o

“(映画に大韓) 良い坪(街)を多く (話)してくださって嬉しい心でコンバ席までするようになりました。久しぶりに持つ酒席ダーボだの私の思ったよりコンディション乱調が大きかったです。(前日飲んだお酒が不十分に覚めた状態にも) 自分なりには映画に責任感を持って必ずインタビューに応じなければならないという心だったが (中略)申し訳ないだけです。(中略)プロらしい行動を見せることができなくてもっと恥ずかしいです。”一度零れた水は主語盛ることができないもので、一歩遅れて足元を取りながら後悔しても無駄だ。俳優キム・ジスの飲酒インタビュー論難が衝撃を越して切ないことで映ることはその行動の科することと非日常性のためだ。いくらお酒勢いのせいだっても常識以下の行動には弁解の余地がない。論難に巻き込まれた後キム・ジスは直ちに所属社を通じて公式誤りをした。しかし彼を眺める視線は相変らず冷ややかだ。飲酒インタビュー論難直後ネチズンの反応は冷淡しれなくなり峻厳だ。”(今度) 映画はキム・ジスさんがだめにした出発”(choi****) “そのように自制にならないか?マネージャーは何だって?”(less****) “人は易しく変わらなくて”(darr****) “本当に不様な様子ですね、お酒のため人生鐘七ように”(ssyh****) など非難が殺到した。キム・ジスは2000年無兔許飲酒と2010年飲酒交通事故など二回お酒による不名誉記録がある。◆ キム・ジス、2000年2010年飲酒交通事故など二回不名誉記録 ‘ネチズン反応峻厳’ 去る17日午前10時、ソウル三清洞近く一カフェにいくつかのマスコミ記者たちが待機していた。キム・ジスが映画 ‘完璧な他人'(監督イ・ジェギュ) マスコミラウンドインタビューをすることにした日だ。三清洞はスター俳優たちが映画またはドラマ広報インタビューのための行き付け場所によく愛用される所だ。俳優と記者たちの間ラウンドインタビューはお互いの便宜のための装置で約束だ。ルールが割れる瞬間皆不便になる。この日所属社や広報社も予想できないこと起った。インタビュー手始め時間がずいぶん去る後にもキム・ジスは現われなかった。所属社ナムアクターズが “現場マネージャーと連絡が触れない”と解き明かすなどそわついた中に10時40分には酔っ払ったまま取材陣の前に姿をあらわした。インタビュー進行が不可能だという判断にもキム・ジスは “気持ち悪いか”とすまない気配どころかむしろ取材陣に不快なけぶりを仄めかした。人住む所に不可避な事情はいつでも生ずることができるし、常識船で納得する問題なら了解にならないこともない。所属社と広報社の判断でインタビューは結局中断及び取り消されたが、問題はキム・ジスの態度だ。彼は酔いが覚めない状態(現場取材陣の言葉では舌が狂った状態)で “試写会を終えて仲間たちと夜明けまでお酒を飲んだが返事することができるから聞きなさい”と言っただけ謝りはしなかった。◆ ‘飲酒マスコミインタビュー論難’ キム・ジス、俳優信頼も墜落-よりによってユン・ジェムンのような所属社芸能界に ‘飲酒インタビュー騒動’はキム・ジスが初めではない。去年4月俳優ユン・ジェムンは映画 ‘パパは娘'(監督キム型協) 広報車進行された主演俳優ラウンドインタビューでお酒が不十分に覚めた姿でインタビューに応じて論難をもたらした。当時彼は記者たちの質問にしどろもどろする “休んだほうがましだろう”高下字 “そうです、やめましょう”と応じ、関係者には “(インタビュー) すべて取り消しさせて”と大声で叫んだ後席を外した。お酒による間違いは繰り返される可能性が大きくて、キム・ジスとユン・ジェムンの行動も非常にそっくりだ。ユン・ジェムンは先立とう順番飲酒運転で三振アウト状態だったし、キム・ジスも二回飲酒社で全力を持っている。封切りを控えた主演俳優のマスコミインタビューは観客の反応と期待に対する最終評価で映ってあれほど重大な関門であるしかない。長年の時間念を入れたスタッフの努力は一瞬水の泡となることもできる。キム・ジスの飲酒物議がどこに飛ぶかはどの位予想される部分だ。26年間積んで来た俳優として信頼も墜落は自業自得だから甘受するとしても今すぐ封切りを控えた映画 ‘完璧な他人’に対する被害は別個問題だ。マスコミ試写会以後新鮮な素材と俳優たちの好演で好評を博したがキム・ジスの飲酒論難で水を差した状況になった。よりによってキム・ジスとユン・ジェムンは同じ所属社学ぶ。ウヨンチゴン奇妙だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736108.htm, 2018/10/24 08:34:10]