ヒョンビン、初審は去っても新しくまた新しく

jZfDzhB_o

“作品をする度に ‘何か一つは違わなければならないじゃないが’という考えをします。私はかなり来ると言う演技した学ぶから。年も入って(笑い).何か違うことを探すことができないまったく同じな作品だから…. それはしなくてたいです。”俳優ヒョンビン。おおよそ演技経歴15年にヒットした作品も多い。ドラマから映画まで多様な役目、ジャンル厭わないで出演したから。そこに秀麗な外貌と甘美な声まで加えたら魅力的なロマンスナムズインゴング役目もよく彼の分け前だった。そんな彼が最近多様な変化をはかっている。メッセージや余韻を与える作品を主にヘッドンゲそのだったら娯楽映画やアクション物で俳優ヒョンビンをよく見られるから。手まめでもある。俳優たちが1年に一作品位に観客に会うのが普通の場合ならヒョンビンは今年だけ二つの作品で映画ファンに会う。そこで終りではない。映画撮影を終えるやいなや来る12月放映予定であるドラマ ‘アルハンブラ宮殿の思い出’ 撮影に突入した彼だ。手まめに変化をはかるヒョンビンの2018年二番目作品、’流布’が来る25日ベールを脱ぐ。その間ロマンス物の男主人公イメージを維持したヒョンビンをアクションスターに作ってくれた映画 ‘共助'(2017)のキム・ソンフン監督ともう一度意気投合して封切りの前から期待を集める。映画は買った者も死亡者でもない ‘ヤグィ'(夜鬼)が流布した世の中、朝鮮に帰って来た王子イチォング(ヒョンビン)と朝鮮を飲み下そうとする絶対悪ギムザズン(チャン・ドンゴン)の血闘を描いた。危機の朝鮮に到着した王子ヒョンビンを22日ソウル鍾路区三清洞から行って会った。Q. ‘流布’.ヒョンビンの強烈なアクションが8割を占める作品だA. 初めにシナリオを読みながら易しくないようだという気がしたりしました。それで前もって熱心に準備したこともあったんです。前作(‘共助’)でキム・ソンフン監督様と合を合わせてみた記憶があるから慣れた地点があってむしろ他の作品より容易に撮影したようです。Q. ‘流布’で演技したイチォング、どんな人物かA. チォングイは表面積に見た時は国に対する心配もない単純な人物みたいだったです。それでそこに当たるようにせりふトンも調節したんです。しかしチォングイが大きい事件を向い合いながら内面的な変化を経験します。あの時からチォングイの言いぐさから表情、状況設定などを微細に変えながら演技したんです。感じたのかはよく分からないが(笑い).Q. ‘流布’のために参考した作品や書籍があったらA。これといったないです。映画の大きいモチーブは人造時代だが、リアルな歴史の流れを考証した作品ではないから。娯楽的な映画で接近をしたんです。意図したこと位娯楽的な要素が十分に付け出したと思って。私どもが見せてくれたCGや視覚的な部分が特にそうです。Q. 劇の中で化け物(ヤグィ)がビジュアルとしては一番印象的だったA. ハハハ。そうです。ヤグィと一緒に過ごした時間が最も多いからエピソードも最も多いです。背が本当に高い方がヤグィ扮装をしてセットを歩き回るが…. 本当に夜に見れば恐ろしかったんですよ(笑い).特殊メークをしてオープンセットにとぎれとぎれにアンアギェシならぱちぱち驚いたりしました。一番驚く時はトイレでヤグィに会う時 (一同爆笑)!Q. チャン・ドンゴンと初演技呼吸なのに、キャスティングビハインドが知りたいA. 事実 ‘流布’ シナリオを私が先に受けてキム・ソンフン監督様がチャン・ドンゴン先輩をキャスティングしたいと私におっしゃるんですよ。私が普段 (章)同件先輩と親しみがあるのを分かるから。一刀のもとに断りました。’キャスティング問題は監督様が分かってなさりなさい’と。自らも案外だったが親しい先輩なのでもっとためらわれるんですよ。出演提議というのがとても曖昧です。一作品に出演するということは俳優に興行からフィルモグラフィーまで多いものなどに影響を与えるのに訳もなく私のために被害が行くか心配で恐ろしかったりして。Q. 過程がいずれにせよチャン・ドンゴンと一緒に ‘流布’を完成したA. そうだよ。ハハハ。撮影してみるから親しい先輩と一緒に映画をするということは短所より長所がもっと多かったんですよ。お互いにあまりよく分かるから親しくなろうと努力しなくても良いし合もよく当たって。とても楽に撮影することができたようです。Q. チャン・ドンゴンと演技しながら感じたのがあったらA。経験と年輪は絶対付いて行くことができないというの?ハハハ。先輩がコンリョンポを着けて出る場面をモニターに待機しながら見物していたが何か…. 普段本当によく分かる兄さん(型)なのに初めに見る、全然違った感じがするんですよ。新しい経験でした。Q. 最近娯楽映画、アクション物に主に出演した。特別な理由があるのかA. ‘新しいのを見せてくれなければならない’, ‘挑戦しなければならない’という目標はいつも自分の前にある宿題のようです。延期というのが正解がないです。誰が表現をするのかによって完全に変わるのがキャラクターじゃないか。大衆はまったく同じなヒョンビンを期待しないゴラヌンゴル誰よりよく分かっているから新しいものなどに挑戦した最近でした。Q. 変化が恐ろしくないという話で聞こえるA。新しいことを見せてくれたいという欲心と変化を恐れる心は別個の物で(笑い).毎度何か違わなければならないという考えをしたりします。たまに一人で新人時代演技した姿を捜してみます。本当に恥ずかしい姿だったりあるが…. 一方その時なので可能だった純粋な延期、新鮮な魅力はもう不可能だという気がします。それでは年を取った私が大衆にアッピールするに値するのは何やら悩むようになります。表現法を異にしたり、ジャンルを変えたり…. あれこれ試みてみるのですよ。違うことを探すことができないまったく同じな作品はしなくてたいです。Q. 俳優として ‘年を取る’と言うのA. 多様なものなどが変化するんですよ。内的でも外的でも。長所を指折ろうとするとそれなりに着実にして来た延期キャリアが積もったということ。よく積んで来ていると自らを応援したいです。Q. 15年間くたびれないで演技することができる秘訣(?)が知りたいA. 面白いんですよ。笑わせた話だが、この職業が本当に妙なことがとてもつらいのに面白いです。つらい時もあって答が出ない時もあります。満足する時もあってない時もあって。しかしいつも感じるのは現場にあると幸せだということ。Q. 2018年、’交渉’と ‘流布’ そこにドラマまで出演するのに。今年を自評してみようとするとA. 本当に熱心に暮したことみたいです。本当。本当で!もちろん手まめだとつけるないが…. まだ結果物を試験台に乗せて観客たちの評価を待たなければならない立場ですから(笑い).今年最後の目標は2018年が終わるまで風邪をひかないでドラマ撮影をよく仕上げるんです。ドラマが終われば本当に休もうと思う。映画に引き続きドラマまであまりよく出れば見る方々もうんざりするはずだから。ハハハ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735975.htm, 2018/10/24 05:00:01]