‘国家不渡りの日’ キム・ヘス・チョ・ウジン…’ガッヒェス’と ‘造仏花’の出会い

iW1SBhB_o

‘ガッヒェス’と ‘造仏花’の出会いが分かりたい。’国家不渡りの日’ 主演俳優キム・ヘスとチョ・ウジンがお互いの延期と呼吸をほめたてて映画の中活躍に対する期待を高めた。キム・ヘスとチョ・ウジンは24日午前11時ソウル江南区鴨鴎亭路CGV鴨鴎亭で開かれた映画 ‘国家不渡りの日'(監督チェ局戯・製作映画社家) 製作報告会で一緒に呼吸を合わせた所感を具体的で真率に告白した。キム・ヘスは ‘国家不渡りの日’から国家不渡りまで一週間時間しか残らなかったということを報告する韓国銀行通話政策チーム長一時県キャラクターで分解熱演を広げた。劇で国民が備えるように現状況を知らせなければならないという一時県はむしろ混乱のみを持って来ると反対する財政国借款(チョ・ウジンの方)と張り切ている対立を引き継ぐ。先にキム・ヘスはチョ・ウジンに対して話して ‘花火’を言及した。キム・ヘスは “今度作品でチョ・ウジンと延期でぶつかる場面が多かった。チョ・ウジンから花火を見た”とほめたてた。引き継いで “多い作品でチョ・ウジンが盛りだくさんのキャラクターをよくやりこなすことを私たちがすべてもう見た。俳優に演技が上手な良い俳優と延期ができる機会が易しくないのにチョ・ウジンお陰に良いエネルギーを得て一時県キャラクターも力を発揮することができた”とチョ・ウジンの演技力を高く買った。また “チョ・ウジンと現場で期待することができる理想的なシナジーを発現することができる瞬間が多かった。チョ・ウジンたくさん見た。本当にありがとう。劇で心を与えたくないキャラクターを演技するにもチョ・ウジン演技に魅かれるしかない”と言った。二人の劇の中呼吸が期待される書き入れ時だ。キム・ヘスの褒め言葉がつながるとチョ・ウジンは大変照れくさがった。キム・ヘスがそんなにありがたい心を示すとチョ・ウジンも直ちに “私が感謝する”と首を下げた。発言順番が誤字チョ・ウジンは口を開くのをしばらくやもじもじしたら “予想質問だと思って返事を何種類準備したのにそのうえ忘れた”と非常に緊張した面貌を見せた。現場に気持ち良い笑い声が広がった。チョ・ウジンは “キム・ヘス先輩言葉にあまりにも感慨無量する。キム・ヘス先輩にいただいたエネルギーがフルロノムチョで常に現場で興奮した状態だった。撮影場行くのが毎日朝幸せだった。元気な緊張状態を維持した”と撮影当時を回想した。引き続きキム・ヘスを ‘ガッヒェス’と称した。チョ・ウジンは “のように演技する時、とても楽しいようにテニスをする感じだった”とし “本当に大変なのに心真ん中は浮かれた。今まで経験してみることができなかった新しい心だった。私もそんな心を得るようにしてくれた ‘ガッヒェス’ キム・ヘス先輩に感謝する”とありがたい心を伝達した。この日司会者に出た放送人パク・キョンリムは “‘ガッヒェス’様と ‘造仏花’様の話よく聞いた”と対話を整理して現場に笑いを抱かれた。そのように整理されるようだった二人の話はしばらく後再びつながった。チョ・ウジンがキム・ヘスに対して話したかったことがもっと残っていたようだ。以後各俳優のキャラクター変身に対して話す状況でチョ・ウジンは急に “キム・ヘス先輩に3列を感じた。熱意、熱望、熱情だ”と言った。するとパク・キョンリムは “この話をしようとずっと思っていたことなのか”と聞き、チョ・ウジンは “もういよいよ話した”と大きな心配事おいたような顔をして笑い海を作った。ここにユ・アインはチョ・ウジンに “ずっと異なる思っていたことなのか”と農を投げ、チョ・ウジンは “話お聞きした傾聴していた”と可愛い解明を出した。’国家不渡りの日’は国家不渡りまで残った一週間、危機を防ごうとする人と危機にベッティングする人そして会社と家族を守ろうとする平凡な人まで、1997年IMF 危機の中お互いに違う選択を一人々の話を描いた作品で、28日から観客に会う。映画ではキム・ヘスチョ・ウジン外にもユ・アインホ・ジュンホなどが主演俳優として活躍した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736140.htm, 2018/10/24 14:15:05]