‘私文書偽造’ カン・ヨンソク弁護士、法廷拘束。..キム・ブソン弁護は?

QO15BhB_o

カン・ヨンソク弁護士が私文書偽造疑いで1審で有罪宣告を受けて法廷拘束された。弁護士資格喪失が不可避な見込みだ。ソウル中央地方裁判所刑事18単独薄待山判事は24日カン・ヨンソク弁護士の私文書偽造などの疑いに対して懲役1年刑を宣告して法廷拘束した。川弁護士は現在俳優キム・ブソンのリ・ジェミョン京畿道知事公職選挙法違反告訴事件を弁護している。しかしこの日法廷拘束されるによって今後のキム・ブソンの弁論は事実上大変になるようだ。川弁護士は今後の抗訴過程などを経って懲役刑を確定受ければ5年間弁護士営業もすることができない。現行弁護士法上禁錮以上形を宣告された弁護士は執行が終わったり執行を受けないことに確定された後から5年間資格が止められる。川弁護士は有名ブロガー ‘ドドマム’ キム・ミナさんと不倫説がはみでた後キム・ミナさん夫祖母さんが自分を相手で損害賠償請求訴訟を提起すると、これを取下げさせるためにキム・ミナさんと一緒に私文書を偽造した疑いで裁判に越された。キム・ミナさんは2015年4月夫ゾさんの実印を密かに持って出て印鑑証明委任状を作成して印鑑証明書発給を申し込んだことと調査された。同じ疑いに起訴されたキム・ミナさんは2016年12月1審で懲役1年に執行猶予2年を宣告された。先立って検察は川弁護士に懲役2年を求刑した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736160.htm, 2018/10/24 15:06:42]