BoA, ‘トゥルーマン・ショー’は終わらなかった

UxlmChB_o

アジアの星、歌手BoA(33・本名クォン・ボア)が新しいアルバムに帰って来た。今年でデビュー18年。13歳少女が舞台を歩き回って人々を驚かしたことが一昨日ようなのにいつのまにか ‘少女’ BoAが成熟美あふれる30代女性になって女性の多様な感情を歌とパフォーマンスでとかし出す。BoAの成長(?)を見守った人なら共感するはずだ。彼を思い浮かべてほしい人の人生をTVで見守る話を盛り込んだ映画 ‘トゥルーマン・ショー’が思い出す。そのためだろう。’まだトルーマンショーは終わらなかった’と9番目正規アルバムを持って帰って来たBoAが嬉しくてまたありがたいだけだ。24日午後コエックスアティウムでBoAの正規9集 ‘WOMAN'(ウーマン)のショーケースが開かれた。この日行事は放送人イ・スグンの社会に進行されたしBoAが直接新しいアルバムを紹介する時間とタイトル曲 ‘WOMAN’, 収録曲腹立ちまぎれに (Irreversible)の舞台パフォーマンスを見られる時間で構えられた。今年初、ミニアルバムでファンに会って手まめに正規アルバムを準備したという見る。彼は舞台に先立って “18年間活動したが、アルバムリリース直前に舞台をお見せする時間はいつも震えることだ”と初めての挨拶を渡した。BoAは “ファンに活発に歌手活動をすると約束したことを守りたかった”とも付け加えた。正規9集のタイトルと同時にアルバム名人 ‘WOMAN’ コンセプトと係わった話も聞くことができた。BoAは “今度アルバムは個人的に私をつらくした作業だった。しかしあれほど成就感もどんなアルバムより大きい”と自信感をあらわした。また “多い方がタイトル曲題目を聞くやいなや ‘ガールス全塔’を思い浮かべていたよ。’ガールス全塔’が少女の堂々さを盛った曲なら ‘WOMAN’は女性の堂々さを盛った曲だ”と説明した。引き継いで “アルバム全体に多様な女性の姿を盛りたかった。女性が持つことができる感情の変化をたくさん表現したかった”と伝えた。BoAはこの日 ‘腹立ちまぎれに’とタイトル曲 ‘WOMAN’ 舞台を相次いで構えた。上手な舞台マナーと激しい振付にも搖れないライブ実力、BoA特有のボイスが ‘アジアの星’が帰って来たことを知らせるようだった。13歳、’ID:Peace B’で舞台に上がって世の中恐ろしいのを何も分からないと言います’と歌った少女。30代になったBoAは ‘WOMAN’を通じて30代女性の多様な感性をとかし出す。舞台を終えたBoAは “体力がこの前ようではない。今週と徹底的な運動で柔らかくならない完璧にお見せしようと努力の中だ”と言ったが、自信感あるほほ笑みを見せた .惰性に濡れる度に、’俳優BoA’と呼ばれる度に、かりに ‘SM 引っ越し’と呼ばれようとも自ら歌手というのを忘れないようと努力するという彼だ。そうだから歌手BoAの ‘ショー’は今後とも続かないか。一方BoAの正規9集 ‘WOMAN’は今日(24日) 午後6時メロン、ジニー、アイチューンズ、アップルミュージック、スポーティファイ、シャミミュジックなど各種音楽サイトで公開される。タイトル曲 ‘Woman'(ウーマン)を含めてBoAの自作曲4曲など合計10曲が収録されている。一方BoAは10月26日KBS2 TV ‘ミュージックバンク’を始まりに27日MBC ‘ショー!音楽中心’, 28日SBS ‘人気歌謡’ など音楽プログラムに出演して派手なカムバック舞台をプレゼントする予定だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736166.htm, 2018/10/24 16:12:56]