LGディスプレー黒字転換…3半期営業利益1401億ウォン

JkkPBhB_o

LGディスプレーが韓国採択国際会計期与えた(K-IFRS)に今年3半期1401億ウォンの営業利益を記録して黒字転換に成功したと24日明らかにした。同期間売上げは季節的オンシーズン進入で前分期5兆6112億ウォン対比9% 上がった6兆1024億ウォンと暫定集計された。LGディスプレー関係者は “LCD パネル販価上昇と友好的な為替レート影響、OLED TV 及びIT ハイエンドなど差別化製品を通じる収益拡大が実績を牽引した”と説明した。去る2013年20万台に過ぎなかった販売量は去年170万台を突破するなどグローバル販売好調に負って5年余りぶりにOLED TV 半期黒字達成に成功した。売上高基準製品別販売比重はTV用パネルが41%, モバイル用パネルが21%, ノート・パソコン及びタブレット用パネルが20%, モニター用パネルが18%を占めた。3半期当期純益は175億ウォン、EBITDAは1兆205億ウォン(EBITDA マージン17%)を記録した。LGディスプレーの負債比率は119%, 流動比率と順次入金割合はそれぞれ91%, 33%だ。事業構造をOLEDで切り替えるための戦略的投資執行によって負債比率及び順次入金割合が上昇したと言うのが会社側の説明だ。キム・サンドンLGディスプレーCFO(最高財務責任者・副社長)は “今年4半期面積基準出荷量は季節的オンシーズン進入による販売量増加予想に私は半期備えた桁初中盤 % 増えるでしょう”とし “販価は上昇勢長続きを期待することは難しいが、製品及びサイズ別で違うでしょう”と説明した。引き継いで “今年と来年はOLEDへの事業転換をすることに重要な酸っぱいことにOLED 部門のポートフォリオを拡大して行くことと同時にLCD 部門の差別化戦略を加速化することで収益性創出に努力する計画だ”と付け加えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736155.htm, 2018/10/24 14:02:29]