SKテレコム、’誰’ オープンプラットフォーム一般に初公開 “AI 生態系善導”

KPMxBhB_o

SKテレコムが人工知能(AI) ‘誰’ サービスを易しく開発することができる ‘オープンプラットフォーム’を一般に初公開してAI 生態系拡大のための焼きに出た。SKテレコムは24日午前ソウルサンスン洞インターコンチネンタルホテルでAI オープンプラットフォーム ‘誰ディベロパース’の技術及び活用法などを公開する ‘誰カンファレンス2018’を開催した。この日行事には ‘誰ディベロパース’を活用して誰サービスを自社に切り継ぎして活用しようとする200余企業と開発者が参加した。SKテレコムは去る6月から誰オープンプラットフォームベータバージョンをベースにコンビニCUとウォーカーヒルホテルビスターなどとサービスを製作・運用して来たし、今度アップグレードを経ってウェブサイト ‘誰ディベロパース’を公開した。この日行事ではオープンプラットフォームに基づいた芸能人スケジュール検索サービスである ‘アイドルゲルリンド’と ‘誰’ スピーカーを通じる点字教育補助器機(タップティルで) 試演を披露して参加者達の気を引いた。SKテレコムは今度オープンプラットフォーム公開で3rd Party 開発者が自由にAI サービスを追加してサービス領域が大幅に確張することで見込んでいる。SKテレコム長幼性サービスプラットフォーム事業団長は “今度 ‘誰ディベロパース’ 公開を通じて開発の入り口を低めて開放の第一歩を踏み出した”とし “今後ともSDK 公開などを通じてAI 大衆化を善導する”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736146.htm, 2018/10/24 12:51:53]