キム・ヒョンジュン復帰とても早かったか?’シモムテ’ 最初部屋視聴率0.1%

eynfIhB_o

グループSS501 出身俳優キム・ヒョンジュンの復帰作で話題を集めた ‘時間が止まるあの時’がベールを脱いだ。しかし視聴率 ‘0.1%’を記録しながら苦戦しているという姿だ。復帰がとても早かったせいだろう。25日視聴率の調査会社 ‘ニールセンコリア’によれば24日午後11時初放送されたケーブルチャンネルKBS W 水木ドラマ ‘時間が止まるあの時’ 1回は有料フラットフォーム全国家具基準0.1% 視聴率を記録した。24日放送された ‘時間が止まるあの時’ 1回ではムンズンウ(キム・ヒョンジュンの方)が150年ぶりに故国に帰って来た里程の夏耕山水画公開発表会場を尋ねる姿が描かれた。山水画が公開されようと思う瞬間時間が止まり、あの時ムンズンウが門を開いて入って来た。余裕のあるように白い手袋をはめて壇上前に間彼は山水画を報告 “久しぶりに家に帰って来たのを歓迎します”と笑いながら言った。そのように山水画を盗んだムンズンウは止められた人々の間を経って悠悠と建物の外にすり抜けて来た。現場を脱した彼が指を脂で音を出すと時間はまた経ち始めて視聴者たちの好奇心を刺激した。ムンズンウは時間を止めるようにする非凡な能力を持った。しかし不遇な家庭事で胸深い傷を持った人物だった。キム・ソンア(アン・ジヒョンの方)は ‘崎’ではない ‘を’に近い建築主だった。父親が残して行く建物がいちめん借金だったこと。キム・ソンアは利子を返すために大変な日々を過ごしていた。牛乳配達からチキン屋サービングなどバイトで一日一日生きて行っていた。そんな彼に不幸が尋ねて来た。キム・ソンアは雨道バイク配達をして倒れるくらっとする事故を起こした。しばらく手厚い車がキム・ソンアに突進し、この時ムンズンウが登場して時間を止めた。ムンズンウは時間と一緒に止めていなければならないキム・ソンアが動くと驚くことを禁じえなかった。キム・ソンアはムンズンウに “これどのようにしたか”と聞き、ムンズンウは驚いた兎目になった。その間自分が時間を止めればその誰も動くことができなかったがキム・ソンアは違ったこと。以後公開された予告篇でキム・ソンアはムンズンウに一体どうやって時間を止めたのか、どんな仕事をするのか問い詰めた。今度事件で二人がどんな縁を引き続くか知りたい事を高めた。そのように時間を止める能力を持ったムンズンウとその能力が通じない建築主キム・ソンアの縁が始まってファンタジーロマンスの序開きを知らせた。初放送が電波に乗ったが、視聴者たちの反応は冷ややかでばかりする。先立ってキム・ヒョンジュンは去る2014年から私は彼女A氏との論難ではしかを病んだ。ここに去年3月飲酒運転で摘発されてもう一度世論の叱咤を受けた。そんなキム・ヒョンジュンが ‘時間が止まるあの時’で4年ぶりにテレビ劇場に復帰を知らせたこと。問題は該当の論難が確かに結び目が建てられないまま放送に復帰したという点だ。検察は去る23日キム・ヒョンジュンの私は彼女Aさんに対する詐欺未収、出版物による名誉毀損など疑いに対する上告状を提出したことがある。自分を取り囲んだ論難にピリオドを付けることができなかったまま放送に復帰したキム・ヒョンジュンが視聴者たちの心を回すことができるか帰趨が注目される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736239.htm, 2018/10/25 16:19:53]