モンスタエックス、第2のBTSを夢見て

V0TtFhB_o

ぶっ通しで7ヶ月ぶりだ。短ければ短い時間だが、半年ぶりに国内ファンのそばに帰って来たモンスタエックスは身違えるほど成熟になった感じだ。去る5月から息忙しく駆けて来たワールドツアーと2集準備。時には肉体的な疲れが、時には酷いさびしさが彼らを押さえ付けた日もあったと言った。しかし通り過ぎて考えてみれば、そんな日々が、そんな指針が結局七人の少年たちをより一層堅い男に作ったかも知れない。グループモンスタエックス(メンバーショヌ、援護、ミンヒョック、ギヒョン、ヒョングワン、ズホン、アイエム)が去る22日午後、ソウル江南区論硯洞に位置したスタヒルビルで二番目正規アルバム ‘MONSTA X Take.1 ARE YOU THERE?’発売記念ラウンドインタビューを進行した。この日インタビューは22日午後6時各種音源サイトを通じて公開された新報とヨーロッパ、アジア、ブックナムミなどを回って二番目ワールドツアーを終えた所感などを率直に打ち明ける時間だった。Q. 7ヶ月ぶりのカムバック、所感が知りたいギヒョン:心配もなるが、ファン方々頃一日も早くお見せしたいという心で熱心に準備しました。ヒョングワン:今度アルバムは何より特別だと思います。末っ子アイエムが初めて自作曲を公開するんですよ。多様なモンスタエックスの感じを盛ったと自慢しています。アイエム:7ヶ月ぶりにカムバックをするのに心配もなってよっても良いです。気持ちが変ですね(笑い).Q. 新報 ‘ARE YOU THERE?’をソゲハザミョンアイエム:緩急調節だと言わなければならないんですか?’ダンチァンダンチァン'(甘くて塩辛くて甘くて塩辛くて)!去るアルバムで致命的なセクシーをお見せしたら2集は強烈なセクシーを盛ろうと努力しました。ズホン:正規アルバムだ見るから10曲が収録されました。タイトル曲 ‘シュートアウト’の場合ファンに愛された ‘無断侵入’の郷愁を感じることができるサウンドを加味しました。正規1集が強くて画一的な感じだったら2集にはセクシーな姿をアッピールしました。タイトル曲 ‘シュートアウト’はモンスタエックスがどんなグループなのか確かな色を表現している曲です。Q. ワールドツアー期間に2集アルバム作業をヘッダドンデズホン:はい、そうです。義務的に作業したのではないです。むしろ面白い経験だったです。この考え私考えたくさんすることができたんですよ。ファン方々頃エネルギーを受けることも長所の中で一つで。ギヒョン:ワールドツアーする時ホテルを往来してみると曲作業に集中するメンバーたちを見られたがとても新鮮な姿だったです。端切れ時間を利用して曲作業をたくさんしたんですよ。Q. ワールドツアーの中で記憶に残るエピソードがあるがミンヒョック:大変だった経験も面白かった経験も皆舞台の上だったです。3時間の間公演して翌日公演して…. こんなスケジュールがずっと繰り返されていると肉体的に大変だったんですよ。この前ワールドツアーの時は感じてみることができなかった舞台が終わった後空虚さを感じたりしたんです。今は大丈夫になったが当時には心がとても大変だったです。しかし舞台に立つことはいつも興奮する経験です。海外ファンが婉曲を ‘テチァング’に一緒にしてくれる時は寒気だつんですよ。ギヒョン:そうです。とても感謝した部分です。外国ファンに韓国語はとても難しく近付くはずだがぎこちないじゃないように呼んでくださるのが感動的だったです。Q. 海外でモンスタエックスが人気ある理由を自評しようとするとアイエム:SNSを通じて海外ファンと活発に交流しようと努力する方です。遠くあるが、遠くあるという感じがしないようにしようと思う。そして基本的にモンスタエックスのする音楽たちが人々を楽しくする音楽なので海外ファンも愛してくださるようです。ヒップホップやEDMが人々を動かすようにするんじゃないか。ギヒョン:二番目ワールドツアーで一緒に写真を撮るイベントをしました。しながら感じたことなのに去年にいらっしゃった方々がまたワッドですって(笑い).うちの歌が公演に特化されたんですよ。そんな部分で魅力を感じるのではないかと思います。メンバーたちがどこに行ってもその国ファンと疎通をしようと勉強することまた人気秘訣だと思って。Q. k-pop歌手という職業、満足な瞬間があったらミンヒョック:入国審査する時です。’公演しに来た’と言えば入国審査する粉餌 ‘何の歌手か’と聞くんですよ。そんな時 ‘k-pop歌手だ!’と言いながらユーチューブを振って上げます。私が英語が上手ではないから(笑い).おかげさまで入国審査がちょっと長くなったりするが、職員粉餌ノルラウォして握手も先にしようとなさればとても気持ちがよくなります。ギヒョン:今度アメリカツアーに行った時の事だったです。私の甥たちに会ったが甥がすごく泣くんですよ。モンスタエックスのものすごいファンだと言いながら。学校全体がモンスタエックスが分かっているそうよ。ところでまだ叔父がモンスタエックスメムボヨッドンゴル分からなかったんですよ(笑い).Q. タイトル曲 ‘シュートアウト’ ミュージックビデオを見たら破格的な露出場面がイッドラギヒョン:短ければ短い26年人生を生きたんです。今度ミュージックビデオを撮影しながら一番守衛高い露出を試みてみたようです(笑い).スタイリストがいちめんシースルーに袖なし衣装だけ持って来るんですよ。初めには拒絶をしたが挑戦をしてみようという意味で受け入れました。その過程がもちろん易しくはなかったです(一同爆笑).Q. モンスタエックス=体つきキングアイドルミンヒョック:弟(妹)が見た時は大きい兄さんたちが運動をよくしてくれて個人的に心強いです。新しい ‘体つきキング’で浮び上がる援護兄さん(型)を見ながら個人的に時間がなくて運動できないという話は言い訳ということを感じました。援護兄さん(型)は2時間ずつ寝ながら運動をするんですよ。本当にすごい人です。ズホン:私も運動を始めてみようと援護兄さん(型)と一緒にやってみたが ‘これは本当に易しくないね’ 気がしました。援護兄さん(型)は本当に来ると言う、本当に熱心にするから一緒にしてはいけなかったんですよ。今はしばらく運動をおいた状態です。Q. 今度新報でお勧めしたい曲があったらヒョングワン:ズホンイが作詞・作曲した ‘BY MY SIDE'(バイマイサイド)です。ガイド録音をしながら見るからどの瞬間ずっと真似るようになるんですよ。個人的に多くの方々が聞き入れたらと思うことはアイエム軍が初めてプロデューシングした ‘どこで何をして’で。多くの方がアイエムの音楽的可能性を調べてくれたらと思う心です。ズホン:’バイマイサイド’は海外ツアーを通いながら影響を書き取った曲です。忙しい日程に轢かれて生きて行っている私たち皆の話を盛り込んだんです。’私を愛するすべての人が私のそばにおいてくれたら良いだろう’は切実な心を盛って使ったが…. 多くの方々が共感すると期待しています。Q. 海外でがっちりしているペンドムを持っている位、第2のBTSという修飾語も付くのにミンヒョック:負担よりはまず気持ち良いことです。先輩たちが道をよく磨いてくださってそんな期待を受けることができることではないかと思います。先輩たちがk-popを全世界に知らせるのが私どもにもすごい自負心ですよ。後輩たちの活動するのに原動力になったりして。ギヒョン:k-popが本当に大きくなったと感じたきっかけが去年ワールドツアー時は媒体でインタビューを出たりする数が2~3晴れて多ければ3~4個位だった。今は位相が変わりました。一応公演が終わればあいさつしようと待ってくれる関係者数が増えたんですよ。作曲家から放送局関係者まで。より一層努力したくなって欲心が生じます。Q. 最後にモンスタエックス一同:カムバックに関心を持ってくださって待ってくださったファン皆さん、とてもありがとうございます。’シュートアウト’は正規アルバムだからもっと特別に準備しました。多い期待と愛お願い致します。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735967.htm, 2018/10/25 05:00:01]