エリック・ナムXライオンキングの会う。..’特別なコラボレーション’

9ZSQMhB_o

歌手エリック・ナムがミュージカル ‘ライオンキング’ チームと特別な舞台を構えた。クリップサービスは26日このように明らかにしてエリック・ナムが ‘ライオンキング’の韓国公演に先立ってシンガポールを訪問してコラボレーション舞台を進行したと説明した。歌だけではなく楽器演奏にも才能を持ったエリック・ナムはミュージカル ‘ライオンキング’の特別パーカッショニスト(ドラム、シンバル、カスタネットなんかの打楽器を職業的に演奏する人)で変身したと。’ライオンキング’は作品の根幹になるアフリカのソウルを盛り出すために南アフリカ伝統楽器パーカッションを演奏するのが特徴だ。広報チームによればエリック・ナムは音楽監督マイクシャポクルラウス(Mike Schaperclaus)に現場で直接パーカッション奏法レッスンを受けて早い習得力で絶賛受けた。エリック・ナムはパーカッション演奏に合わせて ‘ラピキ’ 逆意俳優ヌセパピッゼング(Ntsepa Pitjeng)と ‘He lives in you'(ヒリーブイン油) 曲の合同公演を広げた。’He lives in you’はエリック・ナムのために特別に編曲したバージョンだ。エリック・ナムは ‘ライオンキング’ 即席オーディションにも挑戦した。公演後舞台でびっくり出会いを持ったヌセパピッゼングに直接コーチングを受けてブロードウェー歴史上一番圧倒的なオープニングとして数えられる ‘Circle of Life'(サークルオブライフ)を熱唱する一方王の執逹吏であるサイチョウよく逆意アンドレユスン(Andr´e Jewson)と会って即興延期を威張ったりした。エリック・ナムは “俳優の身体延期が易しく見えたが直接やってみたら本当に難しい。’ライオンキング’ 俳優たちの技倆が本当にすごい”と体験所感を明らかにした。一方 ‘ライオンキング’ インターナショナルツアーは2018年11月7日から12月25日まで大邱啓明アートセンターで公演してソウルでは2019年1月9日から3月28日まで芸術の殿堂オペラ劇場で観客たちに会う。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736341.htm, 2018/10/26 11:18:01]