ベイルボッは ‘領主’, キム・ヒャンギが帰って来る

NZfdOhB_o

映画 ‘領主'(監督チァソングドック)のメイン予告篇が公開された。CGVは26日公式SNS チャンネルに ‘領主’予告映像を公開した。公開された予告篇は事故で親を失った十九大人子供領主(キム・ヒャンギの方)が一つだけである弟(妹)伶人(タングズンサング分)に “ママやパパ中一人さえ帰って来たらお前は誰にするか?”と聞く場面で始める。自分の質問にぱっと笑って “私はパパ”と自問自答する領主の表情は痛ましい。引き続き領主は “どうその人々顔を常に見られる?”という伶人の質問に “ママパパが私にしてくれたのが何だ。ただそのように死んでしまえばすべてか?”と冷ややかに答えて彼女が感じる矛盾した感情を見当をつけるようにする。ただ逞しく見えてばかりした領主の顔とは全然違った不慣れな顔はキム・ヒャンギの深い感情をうかがうことができる。引き継いで “おばさんと一緒にいても良いのですか?”とべそをかく ‘領主’を見ることだけでも切なさが伝わる。映画は交通事故で一瞬にして親を失って弟(妹)とかろうじて生きて行った主人公領主が会わなくなければならなかった人々に会いながら持つようになる不慣れな希望に関する話を盛り込んだ。一方 ‘領主’は来る11月22日封切りして上映時間は100分だ。観覧等級は12歳だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736383.htm, 2018/10/26 16:53:37]