ペ・スルギ “映画 ‘夜関門’ 露出は身代わり…怒って悔しくて” 吐露

AFf7JhB_o

俳優ペ・スルギが映画の中露出場面身代わりに対する悔しい心を吐露した。オンラインファッションマガジンbnt 側は25日ペ・スルギと一緒にした画譜、インタビュー内容を公開した。インタビューでペ・スルギはデビュー以後成長過程に対する真率な話を交わした。その中映画 ‘夜関門’での露出に関する話が耳目をひく。ペ・スルギは “私は露出をしたことがない”とし “身代わりだった。ところで広報チームとのコミュニケーションミスで私がしたことのようになっていていたよ”と吐露した。引き継いで “露出係わる話をマスコミインタビュー時内容が出ないことに約束して置いた。そうした中間に広報チームが一度変わったが、ある日 ‘ペ・スルギ、老醜のだから大変だった’と記事が出たよ。しなかった言葉が記事に出るから本当に頭に来て悔しかった”と悔しい心を吐露した。またペ・スルギは “実際に ‘夜関門’ 提案を受けた時も露出がてんからない15歳等級だから出演を決心した。ところで状況が変わるようになると製作者側で先に身代わりを提案した”と出演理由を告白した。この以外にもペ・スルギは今度インタビューで一緒にした俳優の中また呼吸を合わせたい俳優でチャン・セヒョンを言及した。彼は “とても熱情がある友達だ。良い機会があったらもう一度会ってまた合わせてみたい。熱情的な姿に私も一緒に熱情があふれるようになっていたよ”と説明した。ロールモデルではカン・スヨンを指折った。一方ペ・スルギはFRJ Jeans, bnt collezione(非アンチコルレジ来るのね), ルート院など三種類コンセプトに進行された今度画譜で秋感性が感じられる壌惑的な雰囲気、さわやかな魅力を威張った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736298.htm, 2018/10/26 00:00:02]