映画 ‘ハン公州’ モチーブになった密陽事件、加害者近況公開

8lf7JhB_o

映画 ‘ハン公州’のモチーブになった ‘密陽女子中学生事件’が注目されている中に、該当の事件加害者たちの近況が公開されて大きい衝撃を与えている。25日映画専門チャンネルCGVで映画 ‘ハン公州’が放映された。’ハン公州’は去る2004年発生した密陽女子中学生性暴行事件を素材に製作された映画だ。この映画が電波に乗りながら ‘密陽女子中学生事件’が才目受けていること。’密陽性暴行事件’は慶尚南道密陽の高校生44人が蔚山の女子中学生姉妹を密陽で呼び出して暴行して1ニョンがリャング長続いて性暴行した事件だ。当時加害者たちは性暴行する場面を動画や写真で撮ってインターネットにまき散らすと脅かして実際警察の調査中で一部が流布したことで明らかになったことがある。当時検察は性暴行に直接加わった10人ばかりを起訴し、20人は少年部に送致した。残りは合意したり訴状に含まれなかったという理由で解いてくれた。起訴された10人も翌年少年部に送致されたが保護観察処分などを受けることに止み、44人中断した明度の前と記録も残らないなど処罰されなかったという事実が知られて国民公憤を買った。このなかに該当の事件の加害者たちの近況が公開されて大衆の怒りを催している。去る8月15日釜山地裁刑事9単独チョ・ミンソク部長判事は貸し付け業法債券の公正な踊るに関する法律違反と恐喝疑いに起訴されたAさんとBさんにそれぞれ懲役10ヶ月と懲役8ヶ月を宣告したと明らかにした。この中Bさんは2004年密陽女子中学生集団性暴行事件の連累者だった。Bさんは他の一党とともに主に債務者たちにお金を貸してくれて毎日尋ねて利子と元金を受けて来るスグムチェック役目を引き受けたことで現われた。彼らは正式貸し付け業者ではないのに ‘一日償還5分貸し出し、武談歩武保証’ などの文具が書かれた広告名刺を路上に振り撤いた。連絡が全庶民に10~20%の天利をはなして数百万ウォンを貸してくれた後、292~889%の利子を受けるなど不法掛けがね社債業をした疑いに起訴された。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736299.htm, 2018/10/26 00:00:02]