‘真理商店’ ソルリ、’内篇’ 作り成功しようか

7BskLhB_o

“人々が私に対してどんな点を気になろうか?本当に狂ったXか?(笑い)”俳優ソルリ(本名チェ・ジンリ)が初単独リアリティープログラムで大衆に一歩近付く場を開いた。果してソルリは自分に対する否定的な視覚を持った人々の心を回して ‘内篇’ 作るのに成功することができるか。ソルリリアリティープログラム ‘真理商店’は25日午前11時一番目エピソード ‘ソルリを見る方法’を公開した。’真理商店’は立つわけが自分の趣向を反映したポップアップストアを企画、オープン、運営する経験を描くリアリティープログラムだ。’真理商店’ 製作陣は初放送を控えて “‘真理商店’はソルリの成長期を盛っていたりするがソルリを眺める多様な視覚も盛られているリアリティー”と言いながら “‘真理商店’を通じて現われたソルリの素肌を通じて彼の本気と魅力を見るようになるでしょう”と明らかにしたことがある。プログラムは ‘ソルリの便になってくれ’と言うメッセージを全面に立てている。’真理商店’は “なんだか分からなく知りたくて神秘的なソルリの本当の話を聞いてみる時間。’真理商店’を通じて疏通する方法を学んで、本当 ‘内篇’を作って行くソルリの新しい挑戦が公開される”と言う紹介文をかけた。また初エピソード初盤部 “がプログラムはソルリに非常に主観的な視覚を持った一方的な放送でどんな視線が私たちを欺いても私たちはソルリの便だ。特にソルリのアンチファンはStay tuned(チャンネル固定).12週間の放送にあなたの心が変わったらソルリの手を取ってくれ”とプログラムの方向を知らせた。初放送でソルリは幼い時代始めた芸能界活動で経験した混乱と傷を告白した。彼は “幼い時から活動して見ると私を幼いと思う人があまりいなかった。肩に背負うことが多くて恐ろしかった。私とその服がぴったりと合わなかったようだ。恐ろしくて未来が見えなかった。大変だという話を聞き入れる人もいなかったし世の中に一人でぽつんと残された気持ちだった”と回想した。また “対人忌避症、パニック障害も経験した。近い人々が去った場合もあって人に傷受けながら完全に崩れた。あの時人々は私が何が大変か理解することができなかった”と打ち明けた。しかし “大変な時間があったから今の立つわけがある。断崖みたいな状況でも手を握ってくれる人が必ず一人はいた”と告白した。去る2005年12歳当時SBS ドラマ ‘ソドンヨ’ 子役俳優にデビューしたソルリは4年後グループFXメンバーとして歌手に変身した。魅力的な外貌で愛されたソルリは徐々に誠意ない舞台マナーなどで論難をもたらし、2015年にはFXを脱退した。以後俳優に転向してソロ歩みをかけた。しかし各種熱愛説、一般的な情緒に当たらないインスタグラム掲示物による論難など多い口舌に上がった。その名前も刺激的な ‘ロールリタ論難’ ‘うなぎ論難’ などだ。ソルリの名前の前にはずっと ‘イシューメーカー’という修飾語が付きまとった。インスタグラムで大衆と一方的な疎通をしたソルリは ‘真理商店’を通じて大衆に本気のこもる手を出してみる。しかしソルリの真率な告白にも相反した反応が出る。先にFX活動当時ファンに見せてあげた行動、大衆の情緒を推し量らないゴッウロしか解釈されない活動など ‘マイウェイ’ 歩みを理解することは易しくないという反応が多数だ。半分どおりは ‘応援する’と言う反応もある。立つわけが今度プログラムを通じてどんな面貌を見せてくれるか、エピソード末尾大衆とどんな関係を構築するか世間の耳目が集中される。プログラムはSM CCC LABで企画、製作したし、シナリオなしに開かれる。この日初放送を始まりに毎週火、木曜日Vライブ、ネイバーTVで公開された後、’SM CCC LAB’ チャンネルでも会ってみることができる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1736291.htm, 2018/10/26 05:00:01]